富士平原GC かわら版

かつて当クラブ所属の前田久仁子プロにお話しを伺う

 

 

かつて当クラブの所属でしたJLPGAのプロフェッショナル会員である前田久仁子氏が、7月中旬当クラブを訪ねて下さり、様々なお話を伺う事が出来ましたので、報告させて頂きます。

 

 

一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会 会員・前田久仁子 氏

2020年7月16日 マスター室前にて撮影

 

 

前田プロは23歳の2001年よりツアーで戦い始め、2004年よりその活躍が顕著となり、2015年まで第一線で活動されました。その成績の一端を、下記へ簡単にまとめてみました。

 

・2010年  獲得賞金 5,291,925円   賞金順位81位

・2009年       15,746,900円       47位

・2008年       15,708,000円       50位

・2007年       33,446,055円       23位

・2006年       22,821,662円       33位

・2005年       14,536,750円       44位

・2004年       11,102,428円       43位

 

 

広報:どの様な経緯で当クラブへ来られたのですか。そして何年間在籍されたのでしょうか。

 

かねてから交流の有った男子プロの藤田寛之さんへ、高校生の時に進路の件で相談したのです。私の話を聞いて下さった藤田プロが、芹沢プロへお話して下さり、更に芹沢プロからこちら所属の遠藤プロへ、お話を通して下さったのだと思います。

 

研修生として受け入れて頂ける事になり、高校卒業後直ぐに来ましたので、18歳から36歳まで約18年在籍していました。

 

広報:プロテスト合格は何歳の時ですか。

 

22歳の時です。20位タイの24名が合格しました。

 

広報:15年ほどツアーで戦って来ていますが、記憶に残る試合か、ベストショットを教えて下さい。

 

私はフジサンケイレディスクラシックの会場となる、川奈の富士コースが大好きなんです。此処の17番パー3は、テレビ中継されますので有名です。

打ち上げて砲台グリーンと言う難易度の高いホールですが、このホールで確か2007年だったと思いますが、もう少しでホールインワンと言うショットを打てたのです。

 

ギャラリーからも沢山の拍手を頂き、あの感動は今でも忘れられません。800万円の賞金がかかっていましたので、取れなくて残念でした。

 

永久シード選手の岡本綾子さんとは、今でもお付き合いがあり、ソフトボールの試合などをしております。

岡本さんの最後の試合となられました2005年のリゾートトラストは、組合せで一緒になったのですが、今でも懐かしく思い出されます。

 

広報:現在の活動状況を教えて下さい。

 

子供にも恵まれましたので、これからは少しづつ準備をしながら、試合へ出たいと考えています。コロナの関係からスケジュールは狂ってしまいますが、気持ちが前向きになり、高ぶりつつ有ります。

 

契約に関するオファーも有りますので、レッスンなども取り入れ、ゴルフを主にした生活へ戻したいと考えています。

「プロゴルファー前田が、時々主婦もやります」、と言う感じになるのかと思います。

 

広報:最後に当クラブ後輩の方々への一言を頂けますか?

 

沢山練習して、頑張って頂きたいですね。

 

前田プロにはお忙しい中、当クラブへおこし頂き、また貴重なお話を伺う事が出来、誠にありがとう御座いました。

御礼申し上げると共に、今後益々のご活躍を祈念致しております。

 

 

|

CALENDAR

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ARCHIVES