富士平原GC かわら版

Wi-Fi利用出来る様に成りました

 

 

2021年8月下旬にWi-Fiを導入し、1ヶ月半ほどが経過しました。ご利用は地下(マスター室階)、1F(フロント階)、2F(レストラン階)で可能です。

 

 

 

 

会員様に於かれましてはご自身のスコアを、スマホのアプリにて管理されて居られる方が多く、館内ではスムースに入力出来ない、と言うお声をかねてより頂いておりました。

 

この状況を改善する必要があると、当クラブでは考え又検討して来ておりましたので、この度のWi-Fi導入で環境整備が出来たのではないかと思われます。

 

パスワードは各階に用意しておりますWi-Fi案内チラシにてご確認頂けますので、ご自身のスマホへ設定して頂ければ、以降ストレスなくスマホをご利用頂ける様になります。当然あらゆるデジタル機器に対応しています。

 

是非、ご利用頂ければ幸いで御座います。

 

会員の長島英樹様がゴルフスタイル誌に取り上げられる

 

 

2021全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権で大活躍された当クラブ会員、長島英樹様に関する記事が、「ゴルフスタイル」誌のvol119 NOVENBER号に掲載されました。

 

同誌は隔月刊誌として2002年に創刊され、PGAツアー、日本に於ける男女ツアー、日本のアマチュア競技出場選手のギアに焦点を当て、特集している人気誌です。

 

 

ゴルフスタイルvol.119表紙 偶数月5日発売

< 2021年10月05日に発売され、長島英樹様が掲載されたゴルフスタイル誌 >

 

 

大会期間中に撮影された長島英樹様・写真

< 画像提供:ゴルフスタイル社 >

 

 

それでは今年度同大会に於いて、どの様な成績を長島様が残されたのか、簡単に振り返っておきたいと思います。

■ 6月18日     富士グリーンヒルゴルフコース    B地区予選1位タイ通過

■ 7月14日~15日 丘の公園清里ゴルフコース      B地区決賞18位タイにて全日本大会へ

■ 9月08日~09日 グランドオークプレイヤーズコース  全日本大会決勝にて31位タイ

 

全日本ミッドアマ決勝は、兵庫県の上記コースにて2日間競技として開催されましたが、全国から勝ち抜いて来た169名(内棄権7名)中、長島様は78、75のトータル153ストロークにて、上記結果と成りました。

 

全国区で31位、この成績は当クラブとしても誇りに思えるものですが、同誌に於いては巻頭から28ページ目に、長島様の使用クラブの写真と共に、富士平原GC2016年、19年クラブチャンピオンとして紹介されています。

 

当クラブ会員の皆様に於かれましても、長島様の活躍を同誌にてお目通し頂ければ幸いで御座います。同誌の簡単な概要は、下記の通りです。

■ 誌名  ゴルフスタイル

■ 発行人 鎌田俊夫

■ 発行所 ゴルフスタイル社

■ TEL   03-6280-3415

■ 価格  990円(税込)

 

箱根コース9番ホール陥没について

 

 

2021年8月お盆時期の豪雨により、箱根コース9番ホール・Aグリーン手前箇所が、陥没すると言う被害に見舞われました。

 

2メートル半ほどの深さがある為、早急に「立入禁止」の看板を立て、また網にて周囲を囲い危険箇所である事を、全プレーヤーへ告知させて頂いております。

 

 

箱根コース9番ホールグリーン方向から見た状況

< 9月12日撮影 >

 

 

陥没箇所からクラブハウスを臨む

< 10月3日撮影 >

 

 

10月2日は更なる崩落を防ぐ為、補強工事を行いました。これまでの期間、修復工事を担当して頂く施行業者様とは、陥没箇所の調査及び工事計画などを検討して来ております。

 

此れからの修復工事を行うに当たり基本的な考え方は、場当たり的なものでは無く、例えば大量の土量をもって表面上を回復して行くだけのものでは無く、今回の陥没をもたらした地下水脈を上手に組み込み、今後この様な被害が多発する傾向を、最小限にして行く事です。

 

地表の雨を如何にスムースに吸収し、そして排出して行けるかが、今工事の大きなポイントになっています。

 

工事開始時期については現時点で未定ですが、平日5日間2クール、延べ10日間で行う計画です。工事期間中2日間は、箱根コースをクローズする予定ですが、この場合は当然前もって会員の皆様へ告知する予定にしています。

 

ゴルフ場に自然災害はつきものとは言え、会員の皆様そして同伴して下さるゲストの皆々様へは、ご不便をおかけし誠に申し訳なく、お詫び申し上げます。

 

箱根コースでのラウンドは現在、Aグリーン使用時も9番ホールのみは、Bグリーンをご使用頂いております。何卒ご理解賜ります様、お願い申し上げます。

 

2021年度当研修会員使用ボール調査結果

 

 

当クラブ研修会も残すところ、あと3試合と成りました。トータル10試合にて、2022年倶楽部対抗選手選抜へ向けた資料が、整う事になります。

 

この様な状況下、研修会員30名様に於ける、ご使用ボールをチェックさせて頂いたところ、下記の様なデータと成りましたので、報告させて頂きます。

 

ご参考にして頂ければ、幸いで御座います。

 

 

下記写真は坂田俊介プロ使用ボール

 

 

 

 

ボールメーカー及びボール名

・タイトリスト  11名  ( V1x_1名 / V1_10名 )

・ダンロップ   9名  ( スリクソンZ-STAR XV_9名 )

・ブリヂストン  9名  ( TOUR B X _7名 / VS_2名 )

・テーラーメイド 1名  ( TP5 )

 

 

なお当クラブ所属プロ・坂田俊介は、自身の使用ボールについて、次の様に語っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前はスリクソンの柔らかいタイプを使っていましたが、ある時ブリヂストンのボールを試打してからBXへ替えました。

決め手は曲がらない感じがしたからです。サイドスピン量が、少ないのだと思います。アプローチでのスピンも、程よくかかりますので、気に入っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

金子直矢2021年PGAプロテスト実技試験に合格

 

 

8月31日から9月3日までの4日間、北海道の登別カントリー倶楽部(7,069ヤード_パー71)で開催されておりました『PGA2021年度資格認定プロテスト』に於いて、当クラブ所属の金子直矢が見事難関をクリアしました事を、会員皆々様へ報告致します。

 

 

PGA実技試験に合格した金子直矢

< 2021年9月3日羽田空港にて >

 

 

皆様方に於かれましてもPGAのWebサイトより、日々プロテストの進捗状況をご確認頂いていた事と思いますが、今一度金子の4日間に渡る戦いを、簡単に振り返ってみたいと思います。

 

1日目 74ストローク(+3)      45位タイ

2日目 68ストローク(-3) 通算0  10位タイ

3日目 77ストローク(+6) 通算+6  44位タイ

4日目 73ストローク(+2) 通算+8  47位タイ

 

ハラハラドキドキさせる4日間の展開でしたが、今回47位タイ迄の受験者51名が合格と成りましたので、この度の結果をもって金子は晴れてPGAのプロゴルファー資格、その大きな第一歩を勝ち取った事になりました。

 

今後は年末に行われます面接と筆記試験、更には4日間に渡る入会セミナー、そして参加が義務付けられておりますPGA新人戦を経て、2022年1月1日正式にPGAトーナメントプレーヤー会員となります。

 

本人曰く、皆々様方の応援メールに大変勇気づけられたと申しており、此処に改めて感謝・御礼申し上げます。有難う御座いました。

今後は一人のプロゴルファーとして更に精進し、会員皆々様のご期待にそえる様、鋭意努力する所存との事ですので、益々のご声援宜しくお願い申し上げます。

 

8月度バースディカップにて2名のエージシューター出現

 

 

8月29日に開催された8月度バースディカップにて、会員2名様がエージシュートを達成されました。1名は吉沢忠勝様、もう1名は青木勝二様です。

 

エージシュートを達成された吉沢忠勝 様

 

吉沢様は丹沢コースを37、富士コースを45のトータル82でラウンドされました。吉沢様はバースディカップの優勝者でもありますので、此処では多く語るのを省略させて頂きますが、8月の誕生日をもって84歳になられましたので、2打少なくラウンドされた事になります。

 

おめでとう御座います。

 

 

 

 

エージシュートを達成された青木勝二 様

 

 

青木様は此れまでエージシュートを2回達成されており、今回で3回目となります。77歳を迎えられた今月、それも当クラブの記念イベントで達成した喜びは、一昨年と昨年に達成したエージシュートとは別の感動が有る様でした。

 

本日一日を振り返って頂くと、丹沢コースを35、富士コースを37のトータル72スコアでラウンドされたのですが、好スコアの要因はパットとの事でした。

 

ワンパットパーが10ホールもあった事から、その様に自己分析されていました。益々のご活躍を祈念致しております。

 

クラブ選手権優勝を目指し76名の会員様が挑戦

 

 

2021年度クラブ選手権へのエントリーが、締め切られ76名の会員様が、クラブチャンピオンの栄えある称号と名誉を獲得すべく、此れからの長丁場を戦う事になりました。

 

初戦は8月29日(日)にストローク戦での予選会が開催され、チャンピオンフライト16名とセカンドフライト16名の都合32名が選出されます。

 

会員の皆々様には日頃鍛えた技とタフな心をもって、優勝を目指し頑張って頂きたいと思います。なおクラブ側と致しましては、フェアなコース状態を作り上げるべく、鋭意努力する所存で御座います。

 

 

 

 

ところで此れまでの選手権の歴史を振り返った時、本年は近年に無いほど多くの会員様が、挑戦される事になりました。

 

例えば2018年は41名、2019年は44名、2020年は59名でしたので、今年の76名は規模が拡大した事を、数字の上で如実に物語っています。

 

此れは今年静岡県の倶楽部対抗戦に於いて、当倶楽部が8位になった事も含め、着実にレベルが上がって来ている何よりの証左だと言えます。

 

多くのゴルファーから憧れをもって見られるクラブを目指したいと思いますが、その頂点を目指し76名の会員様には悔いの無い様、戦って頂きたいと思います。

 

プレーヤーの酷暑対策に砕氷サービスを開始

 

 

7月18日より氷のう用の氷を、ご希望されるプレーヤーの皆様へ無料で、提供させて頂くサービスを開始しました。

 

場所はマスター室前、自販機横です。

 

 

 

 

此れは一昨年頃より、氷のうをご持参される来場者の方が増えた事から、始めたサービスです。気温30度を一つの目安として設置する様にしていますが、9月いっぱいは必要になるのではないかと思われます。

 

当日のサービスは朝のスタートから、午後の最終スタート迄です。サービス開始日の18日は、事前予告せずとも利用者が多く、氷のうが夏場の酷暑対策として、プレーヤーに定着しつつある事を物語っていました。

 

是非、ご利用頂き、好スコアへ繋げて下さい。

 

坂田俊介プロ北陸オープン惜しくも9位タイ

 

 

北陸オープンゴルフトーナメント9位タイ_坂田俊介プロ

 

 

2021年7月16日の予選を経て17日(土)に決勝が行われたのは、2021北陸オープンゴルフトーナメント。会場は富山県の名門、呉羽カントリークラブ・日本海コース(7,013ヤード_パー72)。

参加選手はレギュラートーナメントへ出場している片山晋呉、藤田寛之、宮本勝昌、市原弘大などなどそうそうたるメンバーです。

 

当クラブ所属プロの坂田俊介は、初日66をマークし首位タイにて終えました。ラッキーな場面も有ったものの、ボギー一つで抑えられ結果は6アンダーでした。なお予選は棄権を除き、169選手が出場しました。

 

坂田プロは最終日を最終組で迎えた訳ですが、組み合わせは髙山忠洋、正岡竜二の2選手です。若干の緊張感も有り、出だし3ホールはボギーを叩いて仕舞いましたが、4番と6番でバーディが取れ、気持ちも落ち着きました。

 

前半は1オーバーのトータル5アンダーで折り返し、後半は一時トータル6アンダーまで戻し、優勝争いへ食い込むべく頑張りました。しかし勝負どころでボギーを叩いてしまった事が、優勝争いへ絡めなかった点で有り悔やまれます。

 

最終日の結果はトータル5アンダー、決勝を戦った85選手中9位タイでした。優勝は9アンダーで同じ組の髙山忠洋選手でした。

この2日間に渡る戦いを通じ、当クラブ会員の方々より応援メールを沢山頂きました。全員の方へ返信出来ないケースも有りましたが、気持ちを強く持てた大きな要素であり、大変感謝致しております。

 

会員の皆々様、応援誠に有難う御座いました。引き続きのご声援、宜しくお願い申し上げます。

 

金子直矢プロテスト2次を6位タイにて突破し決勝へ進出

 

 

公益社団法人 日本プロゴルフ協会(PGA)主催の2021年度『PGA資格認定プロテスト』予選が、5月12日茨城県のロックヒルゴルフクラブでのプレを皮切りにスタートし、現在残すは7月14日から開催されます2次テストC組のみと成りました。

 

このC組予選を最終として、8月31日から開催されます北海道の登別カントリー倶楽部での決勝へ、臨む事になります。

 

当クラブ所属の金子直矢は、7月7日からの2次テストB組へ参戦し、6アンダー6位タイの成績にて決勝進出の切符を手にしました。本日はその報告を、させて頂きたいと思います。

 

 

プロテスト2次予選を6位タイにて決勝進出を決めた金子直矢

< 2021年7月11日マスター室前にて撮影 >

 

 

試合会場は石川県の片山津ゴルフ倶楽部・白山コース(6,938ヤード_パー72)です。この競技へは棄権を除き125名が参戦しましたが、結果は1オーバー27位タイまでの30名が、決勝へ進出する事になりました。

下記は金子本人の感想を基に、振り返ります。

 

初日(7月7日)_71(1アンダー)・14位タイ

3バーディ2ボギーの71。

アイアンが好調で殆どパーオンしましたが、グリーンを外した2ホールでボギーとしてしまいました。

 

2日目(7月8日)_71(1アンダー)・13位タイ

5バーディ2ボギー1ダブルボギーの71。

出だしから好調でフロントナインで5バーディを取れたものの、後半は林へ入れたりし、たたいて仕舞いました。

 

最終日(7月9日)_68(4アンダー)・3日間合計6アンダー6位タイ

4バーディボギー無しの68。

この日ボギーを叩かなかった事が、次につながる高揚感を得られました。

 

最後に本人のコメントを掲載し閉めたいと思います。

目標は毎日3アンダーを出す事でした。此処に気持ちを集中させプレー出来た点が良かったと思いますが、最終プロテストに於いてもベストプレーを目指します。

 

会員皆様のご声援、宜しくお願い申し上げます。

 

CALENDAR

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVES