富士平原GC かわら版

SMBCモビットQTチャレンジで坂田プロ21位タイの成績

 

 

2022年6月28日(火)と29日(水)の2日間、「2022SMBCモビットQTチャレンジ」が、群馬県の草津カントリークラブ(6,692ヤード_Par70)に於いて開催されました。

 

 

 

 

初日坂田プロは固いグリーンに苦しみ、33/38のトータル71、1オーバーに終わりました。とは言え参加選手130名中32位タイと言う成績で、予選を通過する事が出来たのです。

 

カットラインは2オーバーの43位タイまで、合計60名の選手が翌日の決勝ラウンドへ進む事になりました。

 

坂田プロの決勝ラウンドは、INコースから7時35分スタートとなりましたが、気温も高く無く又風も穏やかでした。草津カントリークラブのフェアウエーは土地柄、洋芝を採用していましたが、硬くしまっていた事から、それほどの警戒心を持たずにプレー出来た様です。

 

最終日のスコアは33/36のトータル69、1アンダーでしたので、2日間のトータルスコアはイーブンパー、結果21位タイという成績となりました。つまらないミスも有った事から、その辺の修正が今後の課題になるものと思われます。

 

2日間に渡り会員の皆様には、応援メールを沢山頂き、坂田自身大変感謝しています。今後ともご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

 

研修会への新入会員_谷口信輝 様にお話を伺いました

 

 

今月当クラブ研修会へ34番目の会員として、新たなる会員が入会しました。その名は谷口信輝(タニグチ ノブテル)氏、モータースポーツ界では知らない人は皆無と言えるほどの、人気と実績をそなえたレーシングドライバーです。

 

 

2022年度研修会新加入会員_谷口信輝 様

< マスター室前にて >

 

 

谷口氏そのレーシングドライバーの手は、ハンドルからゴルフクラブへ持ち替えられ、当クラブで獲得したハンディキャップは4。

サーキットを駆け抜けるタイムも少なければ、ハンディも片手シングルと少な目なのです。

 

ゴルフは30歳の時に始められ、キャリアは約20年になります。一昨年当クラブのクラブチャンピオンから入会の勧誘を受け、ご入会されたのですが、目指すはサーキット界のゴルフNo1選手です。

 

これがゴルフに於けるモチベーションになっており、「同業者には負けたくない」とスーパースターの本音を聞かせて頂きました。

 

現在氏は他クラブへもご入会されているものの、研修会への参加は当クラブが初めてとの事です。サーキット以外でも表彰台に上るケースが、多く成るのでは無いでしょうか。

 

2022野萩康基金ゴルフカップにて坂田俊介プロ26位タイ

 

 

PGAの後援競技として今年初開催となった「2022野萩康基金ゴルフカップ」が、5月10日と11日の2日間、埼玉県の鴻巣カントリークラブ(6,808ヤード_パー71)を舞台に開催されました。

 

賞金1,200万円優勝240万円と言う試合でしたが、坂田プロは26位タイの最終結果でした。

 

 

 

 

予選会から本戦出場を果たした当クラブ所属・坂田俊介プロの初日成績は、1アンダー36位タイでした。初日119名が参加し、1オーバー59位タイまでの70名が、決勝へコマを進めました。

 

坂田プロの決勝でのスコアは、5バーディ3ボギーの2アンダー、トータル3アンダーでした。

 

初日はアイアンショットが不安定で、若干引っかかり気味でしたが、決勝日はドライバーとアイアン共にショットが安定していました。最終日16番ホール迄は、トータル5アンダーとしていた事でも、此れを裏付けていると思います。

 

グリーンの状態はスティンプメーターで10.5~10.6の速さでしたが、とても硬く仕上がっていて、グリーン上で止めるのに苦労したとの事です。二日間を振り返り坂田プロ曰く、「初日耐えてスコアを作れたのが、決勝に生きた」との事です。

 

会員の皆様のご声援、有難う御座いました。

 

研修会への新入会_丸山恭司 様にお話を伺う

 

 

2022年度研修会へは新たに8名の方々がご入会されましたが、今回は最後の8人目として丸山恭司様を紹介させて頂きます。

 

 

< 2022年度研修会へご入会された丸山恭司 様 >

< マスター室前にて撮影 >

 

 

丸山様は40歳を過ぎてからゴルフに取り組む様に成り、20年以上になります。当初平日会員として当クラブへご入会されましたが、クラブ競技へ出場したい事と、お仕事のスケジュール調整が出来る様になり、2020年夏に正会員となられました。

 

丸山様のハンディキャップは現在9ですが、目標は片手シングル、いわゆる<ゴシタ >です。やるからにはそこが目標との事ですが、臆する事無く明確に話される中に、自信と強いお気持ちが現れている様に思われました。

 

当面はクラブ選手権競技を目標に取り組みたいとの事ですが、今年は様々なシーンで丸山様のお名前を目にする機会が、増えるのでは無いでしょうか。

 

益々のご活躍を祈念致しております。

 

研修会への新入会_出浦 悠豊 様にお話を伺う

 

 

出浦悠豊(いでうら ゆうと)様は、今年24歳になる若者ですが、2022年4月に当クラブ会員に成ると共に、研修会へもご入会されました。

 

 

< 2022年度研修会へご入会された出浦 悠豊 様 >

< 4月29日マスター室前にて撮影 >

 

 

出浦様の夢はゴルフのティーチングプロです。PGAのティーチングプロA級資格獲得を目指し、将来はジュニアゴルファーの育成に力を入れながら、生計を立てて行きたいと考えています。

 

現在はその目標へ向け、当クラブで研鑽を積みたいとしています。

 

この様なゴルフに対する熱量の高い出浦様ですが、そもそもゴルフとの出会いは四国での高校生時でした。卒業後は大学へ進学せずぶれる事無く、ゴルフ理論の研究にいそしんでおられる現在です。

 

ゴルフ道一直線の出浦様ですが、研修会皆様との競技を通じ、多くの事を学んで行きたいとしています。

 

2022年度倶楽部対抗戦への出場選手にお話を伺います_城和春様

 

 

奥津久史様からバトンを受け継いで、本日は城和春様から伺ったお話を、紹介したいと思います。今回の城様にて、今回のリレーも終了になりますが、会員の皆様にはお目通し頂き、誠に有難う御座いました。

 

 

< 関東倶楽部対抗静岡予選出場選手_城 和春 様 >

< マスター室前にて撮影 >

 

 

下記棒線内は、城様のお話しを、簡単にまとめたものです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

昨年同様今年も出場選手全員のスコアが採用されるとの事ですから、気が抜けないと思いますし、「自分が悪くても」と言う心理状態にはなれません。

 

ですから体調を整え、ベストで臨みたいと思います。チームの足を引っ張りたくない、この気持ちで頑張ります。

 

此れ迄自分自身の体調が良くなかったので、それだけが心配でしたが、試合日までは時間も有るので、当日がピークと成る様、調整して臨みたいと思います。

 

コースは何回かラウンドしているので知っていますが、体調さえ良ければ、そこそこのスコアで回って来れる思います。コースに対する苦手意識は無いものの、距離が長いのが気になります。ですがシニアはティーが違うと思いますので、充分対応出来ると思います。

 

一番気になるのは天候です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

淡々と話される城様ですが、年長者としての落ち着きを備えており、状況も冷静に分析されています。

頼もしい存在だと言えます。

 

2022年度倶楽部対抗戦への出場選手にお話を伺います_奥津久史 様

 

 

竹原宏様からバトンを受け継いで、本日は奥津久史様から伺ったお話を、紹介したいと思います。

 

 

倶楽部対抗出場選手_奥津 久史 様

< マスター室前にて撮影 >

 

 

奥津様が当クラブを代表し倶楽部対抗戦へ初出場されたのは2015年ですが、以来5度出場されており、今年が6度目になります。かつては代表選手に選出されるものの、スケジュールの関係から他の方へ、交代して頂いた年も有りました。

 

下記棒線内は、奥津様のお話し内容を、簡単にまとめたものです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

倶楽部対抗戦では此れ迄目立った成績を残せて無く、チームの足を引っ張っている様な気持ちでいます。

 

年間を通じ1月と2月の2ヶ月間、この期間私にとってゴルフは、全くのオフシーズンになって仕舞います。3月から始動するゴルフの調子が上向いてくるのは、どうしても6月以降です。

 

ところが倶楽部対抗戦は例年5月に開催される事から、私のなかでは今一の状態で臨む事になっていました。このリズムを何とか克服したいとの思いから、今年はゴルフオフを取り止めクラブを握る様にしています。

 

初めての試みがかみ合うのを願うばかりですが、試合会場の朝霧ジャンボリーGCは好きなコースなので、何とかチームに貢献出来る様に頑張りたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

奥津様有難う御座いました。次回はシンガリと成りました城和春様の登場です。

 

2022年度倶楽部対抗戦への出場選手にお話を伺います_竹原 宏 様

 

 

舟橋史郎様よりバトンを受け継いで、本日は竹原宏様より伺いましたお話しを、紹介させて頂きます。

 

 

関東倶楽部対抗静岡予選出場選手_竹原 宏 様

< マスター室前にて撮影 >

 

 

「新人なので結果を気にせず、思い切りやりたい」、此れが竹原様の第一声でした。この発言には、試会場と成る朝霧ジャンボリー(以下朝霧J)でのラウンド実績が、裏打ちされている様にも思われました。

 

此の点をお尋ねしたところ、かつてプライベートでラウンドした朝霧Jでのベストスコアは、2アンダーの70ストロークとの事です。流石と言う表現がぴったりなのかも知れませんが、山梨在住の竹原様にとって、当クラブ会員に成られる前、朝霧Jは身近な存在だった様です。

 

朝霧Jに慣れ親しんだ竹原様曰く、グリーンが難しい為、パーオンしなくともセカンドショットを広い方へ外すのがセオリーで、難しい方は誰がやっても難しいとの事です。

 

「広い方へ外しておけば、何とかパーは拾える」、此れが竹原様の含蓄に富んだお言葉でした。

 

個人的目標スコアは74。そしてチームは3位以内へ入り、関東大会へ行きたい、との目標が竹原様にはあります。この為には自分自身のプレーへ集中し、結果を出したいと考えておられます。

 

単にビッグマウスとも言えない竹原様の発言は、「周囲の雑音を気にせず、チームで頑張りましょう!」、と言うお気持ちの発露なのかも知れません。

 

竹原様有難う御座いました。次回は奥津久史様の登場です。

 

2022年度倶楽部対抗戦への出場選手にお話を伺います_舟橋史郎 様

 

 

相原和夫様からのバトンを受け、本日は舟橋史郎様のお話を、紹介させて頂きます。

 

 

< 倶楽部対抗出場選手_舟橋 史郎 様 >

< マスター室前にて撮影 >

 

 

下記内容は、舟橋様より伺った内容をまとめたものです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

会場と成るコースでラウンドした事は有りませんが、4月下旬に2回は視察に行く予定にしています。

 

コース攻略ヘ向けプランを練る事は、漫然とプレーするよりは、確実に意識の持ち方が違って来ますので、その重要性は理解しています。しかしそれよりも、自分自身の好不調が大きく左右すると思いますので、その点に注意を払って行きたいと考えています。

 

昨年末よりゴルフは不調が続いていたのですが、本年3月終盤から少しづつですが調子は上向きです。

 

昨年初めて倶楽部対抗戦へ出場させて頂き、今年は2回目と言う事になります。試合の雰囲気も分って来ましたので、今年はもう少し良くなる様に思います。

 

昨年沼津GCでのスコアは、個人的に満足出来るものでは有りませんので、今年は一つでも自らのスコアを縮めて、チームへ貢献したいと考えています。

 

試合当日、コースへ出てしまえば、後は自分自身の世界へ入れる様、頑張ります。兎に角試合日までに、調子を崩さない様にしたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

舟橋様有難う御座いました。次回は竹原宏様へ、繋げて行きたいと思います。

 

2022年度倶楽部対抗戦への出場選手にお話を伺います_相原和夫 様

 

 

長島英樹 様からのバトンを受け、本日は相原和夫様から伺ったお話を、紹介させて頂きます。

 

 

< 倶楽部対抗出場選手_相原 和夫 様 >

< マスター室前にて撮影 >

 

 

2022年今年の関東倶楽部対抗静岡予選では、昨年の団体成績である8位を上回りたい、此れが目標と明確に発言された相原様です。目標を語ると自らも又周囲も萎縮してしまう、この様なネガティブ志向を一蹴する様な、小気味よいご意見でした。

 

個人的目標としては昨年の対抗戦成績である3オーバー、このスコアと同等かそれ以上で回りたいとの事です。

 

今年会場と成る朝霧ジャンボリーへは、此れ迄2回ほどプライベートでラウンドしていて、全体的なイメージはつかめているものの、試合当日にご自身がまわるコースに付いては未体験との事。

 

今後数回プレー出来るので、各ホールの攻略プランは此れから練っていく様ですが、過去の会場を思い起こしても、比較的プレッシャーの少ないゴルフ場では無いかと感じられています。

 

注意すべきはグリーン、早くなるであろうこのグリーンの仕上がり具合に、ご自身が上手に順応出来るか否かを心配されていました。技術的には最近シャンクが出始めていて、手打ち気味のスイングを修正したい様です。

 

あれこれと考えても技術的に短期間で出来る事は限られているので、願わくは当日のお天気が良い事のみ、一たびコースに出ればやるだけですよ、と最後を締めて頂きました。

 

次回は舟橋史郎様の登場です。

 

CALENDAR

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVES