富士平原GC かわら版

コース管理の現状を松原キーパーに聞く

 

 

近年の激しい気候変動は、芝の生育にも変化をもたらして来ており、これまでの芝草管理手法も将来へ向け、手直しをせまられている様に感じられます。

 

出来るだけ多くのデータを蒐集し改善する事で、当クラブでは会員やゲストプレーヤーの皆様へ、最適な状態を提供出来る様努めたいと考えております。

 

今回は現在進められているコース管理に関する状況、及び今後の芝草施用スケジュールなどを、松原キーパーに伺います。

 

 

松原鉱・グリーンキーパー

 

 

━ 冬の間のグリーン管理について教えて下さい。

 

冬の間は定期的にグリーン上の芝へ養分を与えていました。これは地中の温度が上がって来て、根が活性化した時に必要だからです。

 

しかし今年は温暖化と言う事も有り、冬の間も少し根が動いていました。此れ迄ですと冬は芝の刈り高を若干上げるのですが、今年は通年の刈り高である3.8ミリで対応しました。

 

ですからパッティングスピードは、普段通りのものを、提供出来たのでは無いかと思います。

 

 

━ 病害に付いて、現状を教えて下さい。 ━

 

現在心配する病気は有りませんが、夏に炭疽病がここ数年出て来るので、この病気が心配です。これに対しては、予防的に春先から殺菌剤を撒く時も有りますが、今年は兆候が出たら適時対応して行こうと考えています。

 

 

━ 今後の作業スケジュールについて ━

 

1、箱根コース3番ホールのドーナツバンカー修復

2、ティーングランドの補修

3、丹沢コース9番ホールの伐採とフェアウエー拡張工事

 

カップ切りなどの日々行う作業と共に、上記作業を4月中に完了させたいと考えています。その後5月の連休前に、エアレーションをしたいと言うのが、当面のスケジュールです。

 

当然これらの作業は、天候にも大きく左右されますが、春の嵐とも言えるものが長続きしない限りは、順調に行くのでは無いかとキーパーの松原は考えております。

 

会員の皆様には、何卒ご理解賜ります様、お願い申し上げます。

 

4月下旬よりコアリング作業を行います

 

 

  

カップ切りの作業をする管理スタッフ

 

3月も下旬になり大部気温が上昇して来ましたが、これから次第に芝根も活性化して来ます。昨年秋に散布した肥料の効果が、これから発揮されて来ますので、より芝目が立ったグリーンで転がりの良いタッチを、会員の皆様には味わって頂ける事と思います。

 

当クラブで使用しているグリーンの芝種はG2です。これはペンクロスの後継芝種として、10数年前より入れ替えて来ており、数年前に全ホールの作業が完了しております。特徴は芝密度が高く、暑さに強く管理し易い事です。

 

当クラブはその置かれた位置関係が、非常に有利です。近年地球の温暖化が叫ばれ、日本各地でも夏は高温の酷暑と成り、特にゴルフ場関係者にとっては、如何にベントグリーンを維持して行くかが、大きな問題と成っております。

 

現在の芝根の状態

 

しかしながら当クラブは標高が高く、風通し良いのが特徴になっております。この事がグリーンの芝にとってはとても良い環境と成っております。真夏にグリーンの芝がやけて裸地になってしまう事は、なかなか有り得ませんので、この点で会員の皆様にご迷惑をかける事は、無いと自負しております。

 

今後管理スタッフによる作業スケジュールとしましては、各グリーンのコアリング作業が有ります。会員の皆様にはプレーの点で一時的にご迷惑をかける事と思いますが、どうしても避けられない作業ですので、ご理解頂ければと思います。

 

この作業は日々サッチ(芝の切りカス)が、グリーンに堆積して来ますと、水はけが悪くなり根腐れの元になります。また新鮮な空気を土壌へ入れる事で、根が活性化して来るのですが、この作業を定期的に行うか否かで、芝の状態もかなり変わって来ます。

 

ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

衣替えしました

 衣替えしたパッティング練習グリーンの様子です。
  
  
  レストランの富士山側より見える
  位置に『FHGC』を描きました。

コース管理だより

澄んだ空気の中、フェアウェイを
緑あざやかに表現致しました。

見事なフェアウェイとラフの色とのコントラストの中、
秀麗なる富士山を望みながらのプレーをお楽しみ下さい。

CALENDAR

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES