富士平原GC かわら版

第9回研修会成績_最優秀成績者は長島英樹 様

 

 

穏やかな天候となった11月27日(日曜日)、第9回研修会が開催されました。箱根コースをスタートし、後半は丹沢コースを回る18ホールズ・パー71。参加選手は22名。

 

 

 第9回研修会最優秀成績者_長島 英樹  様 >

< 箱根コース1番ホールにて >

 

 

この日グロススコア1位となった長島様でしたが、具体的なスコアは36/36のトータル72の1オーバーでした。今日一日のゴルフを振り返り長島様は、バーディチャンスを決めきれ無いもどかしさから、「パット不調」と嘆いておられました。

 

取りこぼしたバーディパットを決めて居れば、アンダーパーで回って来れたのでは無いか、と欲が出た様に思われます。しかしピンまでの距離は短くとも、難しい位置にのってしまっては、誰がやっても難しい訳ですから、何時まで嘆いても仕方ないとばかりに、いち早く気持ちを切り替えていました。

 

次回第10回目が研修会の最終回となり、1年間の総仕上げと成ります。長島様の目標は、年間総合優勝ですから、当然最終回も優勝を狙って来るものと思われます。有終の美を飾れるのか、大いに注目です。

 

尚今競技を含め、10試合中9試合が消化された総合順位は、下記の通りです。(敬称略)

1位   長島英樹  116ポイント     6位   髙山賢一  65ポイント

2位   奥津久史  96ポイント     7位   竹原 宏  60ポイント

3位   舟橋史郎  86ポイント     8位   佐藤 充  56ポイント

4位   相原和夫  77ポイント     9位   横山 登  54ポイント

5位   金藤 航  66ポイント

 

11月度インテグレーションカップ優勝は藩美子 様

 

 

体感気温は低く無いものの早朝から風が強く、「ゴーゴー」と言うクラブハウスへ叩きつける風の音が午前中は絶える事無く、午後の2時30分頃からは小雨と成りました。とは言え全組がホールアウトする迄、レインウエアを身にまとうプレーヤーは皆無でした。

 

この様な中、この競技へご参加された会員の方々は、女性1名を含む35名でした。今回使用コースは箱根コースと丹沢コースで、パー71の戦いとなりましたが、優勝したのは藩美子(ばん よしこ)様でした。スコアは46/44のトータル90です。

 

優勝おめでとう御座います。

 

 

< 11月度インテグレーションカップ優勝_ 藩美子 様 >

< マスター室前にて >

 

 

終身会員制度を利用し、ご主人の会員権を譲り受けたのが14年ほど前になりますが、ここから藩様のゴルフキャリアがスタートします。本格的にゴルフに取り組み始めたのは、5年ほど前との事ですが、以降当クラブのお仲間の方々に誘って頂き通われています。

 

この日、強風が吹き荒れ苦戦するプレーヤーが多い中、藩様は最近飛距離が出る様になったドライバーを武器に、グリーン周りの小技が絶好調でした。特にパットのフィーリングが良く、ファーストパットが入らずも、殆どワングリップ以内に寄せていたのです。

 

しかしながら良い事ばかりでは無く、シャンクからOBを出してしまった残念なホールもありました。

 

優勝を振り返り、お仲間の方々が競技へ誘って頂けるのを励みに頑張って来れ、それが下地になり今日の好スコアに繋がっているとの事でした。当クラブでのお仲間の存在、此れが何よりもゴルフを好きに成れた要因の様です。

 

次回は月例競技での優勝を目指します。力強い宣言でした。益々のご活躍を祈念致しております。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 青木慎介  46/45 グロス91  ネット65

3位 乙部文孝  44/40 グロス84  ネット68

4位 内藤智亮  44/40 グロス84  ネット69

5位 青木敏彌  47/41 グロス88  ネット69

 

開場記念杯Aクラス優勝は柳澤 修 様

 

 

寒くも暑くも無い11月6日の日曜日、開場記念杯と言う名の月例競技が、会員70名様のエントリーにて開催されました。

 

箱根コースをスタートし後半は丹沢コースを回る18ホールズ、パー71での戦いでしたが、この度この競技会で優勝したのは柳澤修様でした。38/38のトータル76、ネット63は二位の原様に一打差を付けてのものです。

 

おめでとう御座います。

 

 

開場記念杯Aクラス優勝_柳澤 修 様

< マスター室前にて >

 

 

ゴルフキャリアは40年近い柳澤様ですが、当クラブへご入会されたのは、2年ほど前になります。ゴルフ仲間の方々とのグループ入会でした。

 

ハンディキャップ取得後は積極的に月例へ参加するも、今回が初優勝と言う事になりました。一日を振り返り柳澤様は、パットが全てだったとしています。

 

10メートル前後の長いパットが3回ほど入った様で、ボギーになっても可笑しくないホールでパーを拾った訳ですから、此れで3打助かった事になります。

 

お話を伺って居る間中、笑顔が絶えなかった柳澤様でしたが、今後もAクラスでプレー出来る様に頑張りたい、それが今後の目標との事でした。益々のご活躍を祈念致しております。

 

尚、2位以下5位までの皆様は、下記の通りです。(敬称略)

2位 原 雄二  36/34 グロス70  ネット64

3位 平山郁朗  41/36 グロス77  ネット64

4位 横山 登  37/36 グロス73  ネット65

5位 杉山直毅  40/36 グロス76  ネット65

 

 

開場記念杯Bクラス優勝は上野俊明 様

 

 

これぞゴルフ日和と言う11月6日(日曜日)、女性7名男性82名の合計89名様がエントリーされ開場記念杯が、開催されました。

 

富士コースをスタートし後半は箱根コースを回る18ホールズ、パー72の競技でしたが、今回この競技を制したのは、上野俊明様でした。スコアは47/48の95ネットスコア64は、二位の方へ一打差で優勝と成りました。

 

おめでとう御座います。

 

 

開場記念杯Bクラス優勝_上野 俊明 様

< マスター室前にて >

 

 

会員歴約20年の上野様ですが、思い起こせば競技会での優勝は、Cクラス最後を飾ったのが上野様でした。この度の優勝は、約20年の歴史の中で、2度目と言う事になります。

 

競技を振り返れば、ドライバーの不調からほとんどのホールで左右にぶれまくるものの、セカンドショットのリカバリーが良く、気がつけばグリーン近辺まで運んでいました。

 

此処からは無理にパーを狙う事無く、欲張らずにボギー狙いに徹した点が、好結果に繋がったとの事です。この勢いを切らす事無く、3度目の優勝を目指し、今後も精進して行きたいと語る上野様でした。

 

益々のご活躍を祈念致しております。

 

尚、2位以下5位までの皆様は、下記の通りです。(敬称略)

2位 三上哲広  47/47 グロス94  ネット65

3位 向井 一  41/43 グロス84  ネット67

4位 片岡史博  46/46 グロス92  ネット67

5位 田中一生  45/42 グロス87  ネット69

 

第8回研修会成績_最優秀成績は長島英樹 様

 

 

穏やかな日曜日の10月30日、第8回研修会競技が開催されました。参集された会員の方々は24名。競技会も終盤戦へ入り、各選手の追い上げと奮起が、求められる状況になりました。

 

 

 第8回研修会最優秀成績者_ 長島 英樹 様 >

< 箱根ホール2番ホールにて >

 

 

今回この競技で、最優秀成績を納めたのは、長島英樹様です。出だしの富士コースを37、後半の箱根コースを36、トータル1オーバーの73とまとめられ、実力通りの仕事をしたというところです。

 

ご本人曰く「最近ゴルフをする機会が少なくなっていて、かつ体の一部が傷み、気になっている」との事でした。

 

本日のゴルフはボギーが多く出て気になるも、それを取り返す様にバーディも出て、帳尻は合った様です。とは言えボギーが多く出るゴルフには、納得されてない様で、出入りの激しいゴルフを戒めておられました。

 

尚今競技を含め、10試合中8試合が消化された総合順位は、下記の通りです。(敬称略)

1位   長島英樹  110ポイント     6位   金藤 航  57ポイント

2位   舟橋史郎  86ポイント     7位   佐藤 充  49ポイント

3位   奥津久史  83ポイント     8位   髙山賢一  48ポイント

4位   相原和夫  77ポイント     9位   青木惠一  42ポイント

5位   竹原 宏  60ポイント

 

2022年度シニア選手権を振り返る

 

 

2022年度シニア選手権決勝、対戦した相原和夫様と奥津久史様から、伺ったお話をまとめ報告させて頂きます。

 

2022年度シニア選手権優勝_相原和夫 様

< マスター室前にて >

 

 

箱根コース9番ホールにて

 

 

開口一番、相原様の口をついて出た言葉は、「素晴らしいゴルフだった」と言うものでした。惜敗した奥津様への配慮のみならず、どちらが勝っても可笑しくない、レベルの高いゴルフをし得た事に対する満足感、充実感を、相原様のコメントは言い表していました。

 

ご本人はアイアンショットの不調から、アプローチとパッティングに勝負をかけたのですが、此れが思いのほか好調だった様で、勝利につながったと分析されています。ショットメーカーの奥津様に伍していく為には、この戦術以外、この日の戦い方は無かったと振り返られていました。

 

若干マッチを振り返るならば、前半は奥津様の1UP、休憩を挟んでからの後半は、相原様が2ホールを奪取したものの、両者相譲らない展開が続きました。

 

そして最終ホールの箱根コース9番ホールを迎えた訳ですが、戦況は相原様の1UPにて、正しく此処がドーミーホールとなったのです。

 

両者のドライバーショットはフェアウエーを捉えるものの、奥津様が右サイド、相原様がほぼ中央。先にセカンドショットを打った相原様のショットは、若干カミ気味でグリーン右手前へショート。

 

約140ヤードを残した奥津様は、前方の木立がスタイミーになる為、7番アイアンでのスライスショットを試みたのですが、トップ気味に入ったボールは本グリーン左サイドの歩経路へ。

 

奥津様は難しい急斜面からのアプローチを巧みに3オンさせるものの、ピンまで7~8メートルの上りフックラインと言う、ロングパットを残してしまいした。結果は相原様のパーに対し、奥津様のロングパットが入らず、ボギーとしてしまい勝負がつきました。

 

「あと9ホールやりたかったね」とは、お二方の偽ざる心境でしたが、その様な充実したゴルフの両者スコアは、相原様1アンダーの71、奥津様1オーバーの73でした。

 

最後に奥津様曰く、「9番は勝負をかけた訳ですから、結果は納得しています、素晴らしいマッチでした、またこの舞台に戻ります」との事でした。両者の見応えのある素晴らしいゴルフは、正しく名勝負と言えるものでした。

 

簡単ですが、以上シニア選手権リポートでした。

 

10月度月例競技Aクラス優勝は目黒健太 様

 

 

穏やかな天候となった10月16日(日曜日)、73名の会員の方々が参集し、Aクラス月例競技が開催されました。

1組目は7時2分に富士コースをスタートし、後半は箱根コースを回る18ホールズの競技です。この度見事にこの競技を制したのは、目黒健太様でした。38/37のグロストータル75は、ベストグロスにも輝きました。

 

 

10月度Aクラス月例杯優勝_目黒健太 様 

< マスター室前にて >

 

 

目黒様のゴルフ歴は13~4年で、当クラブへご入会されたのは2年前になります。ご友人の方々4~5名のグループで、ご入会された様ですが、条件を満たせば親族へ会員資格を譲渡出来るのが、大変魅力的でこれが大きな入会動機になった様です。

 

ところでご入会後、出来る範囲で様々な競技会へご参加されていますが、優勝は今回が初めてになります。此れを契機に今後は、当クラブでの競技へ、より多く参加して行きたいとの事です。

 

なお目黒様に一日のゴルフを振り返って頂いたところ、長いモノから短いモノまで、そこそこまとめる事が出来たのが、好結果に繋がったと分析されていました。

 

優勝おめでとう御座います。益々のご活躍を祈念致しております。

 

尚、2位以下5位までの皆様は、下記の通りです。(敬称略)

2位 武田弘道  40/38 グロス78  ネット66

3位 柴田修孝  38/43 グロス81  ネット67

4位 高嶺豊宏  43/40 グロス83  ネット68

5位 清水清人  40/44 グロス84  ネット68

 

10月度月例競技Bクラス優勝は関忠 様

 

 

半袖姿の方或いは長袖着用の方と、それぞれ思い思いのいでたちが可能だった10月16日(日曜日)、女性7名男性81名の合計88名の方々が参集し、Bクラス月例競技が開催されました。

 

丹沢コースをスタートし、後半は富士コースを回る18ホールズの戦いでしたが、今回この競技を制したのは関忠様でした。40/40のグロストータル80は、ベストグロスに輝くと共に、ハンディキャップ17を活かしネット63にて優勝しました。

 

 

10月度Bクラス月例競技優勝_関 忠 様 

< マスター室前にて >

 

 

関様のゴルフキャリアは30年と長いものの、当クラブへご入会されたのは2年前。お付き合いゴルフから始められ、本格的に取り組みだしたのは10年ほど前からになります。

 

ゴルフ熱に火がついてからと言うもの、現在関様は一生懸命に取り組んでおられます。当クラブへご入会後、此れまでマメに月例競技へは参加するものの、優勝は今回が初めてになりますので、記念すべき初優勝に成りました。

 

一日のゴルフを振り返り、前半はモヤモヤ続きですっきりしなかった様ですが、後半に入りドライバーを気持ち良く振れる様に成ったとの事です。今後は安定して80前後でラウンド出来る様、心がけて行きたい、此れが目標でもあります。

 

優勝おめでとう御座います。今後益々のご活躍を祈念致しております。

 

尚、2位以下5位までの皆様は、下記の通りです。(敬称略)

2位 横関憲一  41/42 グロス83  ネット64

3位 和田春彦  44/42 グロス86  ネット64

4位 齋藤修一  40/51 グロス91  ネット64

5位 国分寛之  45/52 グロス97  ネット65

 

シニア選手権優勝は相原和夫 様

 

 

2022年度シニア選手権の優勝者を決定する戦いは、10月16日の日曜日、穏やかな天候のもと、富士コースから箱根コースを回る18ホールズにて行われました。

 

昨年の覇者である相原和夫様と、今年シニア入りした奥津久史様の戦いは、両者一歩も譲らない横綱相撲でした。結果は箱根コース9番ホールを奪取した、相原様に軍配が上がりました。

 

 

< 鈴木支配人より優勝カップを授与される相原和夫 様 

シニア選手権決勝はベテランの相原様対ルーキーの奥津様対決へ

 

 

< シニア選手権優勝カップ >

 

 

10月9日(日曜日)、穏やかな気候の中、熱きシニア選手権準決勝、相原和夫様 VS 横山 登 様、奥津久史様 VS 舟橋史郎様の2マッチが開催されました。

 

結果、決勝は相原和夫様 VS 奥津久史様の組み合わせになりましたが、昨年のシニア選手権覇者で有りクラブ選手権4度制覇の大ベテランの相原様に対し、2020年度のクラブ選手権覇者で有り今年シニア入りしたルーキーの奥津様が挑む構図となりました。

 

富士コースを7時20分にスタートし、ハーフ休憩を挟み後半は、箱根コースを回る18ホールズの戦いでしたが、前半を終了時点では相原様の4UP、奥津様の1UPと言うそれぞれの状況でした。

 

ところが後半5ホール目にて横山様が力尽き、相原様に軍配が上がり、又奥津様と舟橋様の対決は7ホール目までもつれるものの、3エンド2にて奥津様の勝利となりました。

 

次週はいよいよ決勝です。天候に恵まれ2選手が普段の力量を思う存分、発揮して頂きたいと思います。会員の皆様におかれましても、是非注目して頂ければと思います。

CALENDAR

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ARCHIVES