富士平原GC かわら版

2019年クラブ選手権チャンピオントロフィーは誰の手に

 

 

8月18日(日)クラブ選手権チャンピオンの部準決勝が行われました。箱根コースをスタートし丹沢コースへ、そして最後に富士コースと言う27ホールに渡る戦いを制したのは、下記のお二方です。

 

< 長島英樹選手 VS 奥津久史選手 >

 

 

長島選手は敦賀選手を7-6にて破り、一方奥津選手は相原選手を6-5で退けての決勝進出と成りました。

 

お二方は、普段から当クラブ競技へ参加されている気心の知れた仲ですが、勝負と成れば話は別物です。決勝へ向けた意気込みを、両選手に如何いました。

 

奥津選手

「彼は心優しんですよ。何せ先輩思いですしね。恐らく譲ってくれると思いますよ。もう既に一度獲っているしね。」

 

長島選手

「謙虚に頑張ります。」

 

お互いに手の内を知り尽くしていると思われますが、お二方のお話からは、お互いをリスペクトしあっている雰囲気が充分に伝わって来ます。

 

体調を整え、是非、悔いの戦いを展開して頂きたいと思います。

セカンドフライト決勝は吉井聰明選手と片岡裕晶選手の戦い

 

 

8月18日(日)クラブ選手権セカンドフライトの部準決勝が行われました。箱根コースをスタートし丹沢コースをまわり、そして最後の9ホール・富士コースと言う流れの27ホールマッチでした。

 

対戦はツーマッチ。

1つは吉井聰明(トシアキ)選手対高杉宏史選手であり、もう1つは原田仁選手対片岡裕晶選手のマッチです。

 

この戦いを制し次回決勝で対戦する選手は下記の2名、吉井聰明選手(画面向って左)と片岡裕晶選手(画面向って右)と言う結果に成りました。

 

片岡選手は原田選手を3-2で下し、吉井選手は4-2にて高杉選手を退けての、決勝進出と成りました。吉井選手は今年73歳の御年ですが、この10年間クラブ選手権へ出続け、予選落ちした事が無いのが自慢です。

 

ベテラン選手と研究熱心な勢いのある選手との戦いに成りました。

 

< 吉井聰明選手 VS 片岡裕晶選手 >

 

 

なお早朝のスタート時は、快晴で高原特有の爽やかな空気が流れていたのですが、18ホールを消化した11時30分頃、突如大雨にゴルフ場が襲われたのです。

 

この大雨は使い古された言葉ですが、バケツの水をひっくり返した様な激しいもので、クラブ選手権のみならず同時に開催されていた月例競技、更には競技外のプレーも含め全てが、一時中断を余儀なくされました。

 

一時間ほど経過した12時30分頃、雨雲が遠のいた事からクラブ選手権競技は再開され、4選手は富士コースからスタートして行きました。

この一次中断が各選手にどの様な影響を与えたのかは、知る由もない訳ですが、少なくとも勝ち残った2選手は、このアクシデントを上手く味方につけられたのだと、言えるのでは無いでしょうか。

2019年クラブ選手権セカンドフライト準決勝への進出者は下記の皆様

 

 

8月11日(日)朝7時の気温計は、既に29度を指していました。

 

クラブ選手権セカンドフライト2回戦へ進出した6選手は、皆さん元気に富士コース1番ホールをスタートして行きました。

 

昼前には箱根コースをホールアウトし、勝負に決着がついた組もあれば、エキストラホールへ突入する組もあり、正しく倶楽部選手権の名に相応しい激戦でした。

 

その様な中、準決勝へ駒を進める事に成った選手は、下記の皆さんです。次戦もご検討を祈ります。

 

 

< 吉井聰明選手 VS 高杉宏史選手 >

 

 

 

< 原田 仁 選手 VS 片岡裕晶選手 >

 

2019年クラブ選手権チャンピオンの部準決勝進出者は下記の皆様

 

 

8月11日(日)早朝の気温は既に29度となり、風はほとんど無く、今日一日の気象条件は、更に過酷な状況になるであろう事が予測されました。

 

この様な中、2019年クラブ選手権チャンピオンの部2回戦へ駒を進めた8名の各選手は、富士コース1番ホールからスタートして行きました。

 

1組目は7時2分スタート、2組目が7時9分です。

 

 

< 長島英樹選手 VS 敦賀清文選手 >

 

 

 

< 相原和夫選手 VS 奥津久史選手 >

 

 

 

試合は18ホールズのスルーで行われ、各組が箱根コースをホールアウトして来たのは、お昼ごろでした。

 

18ホールズにてほぼ勝敗が決まり、準決勝への進出者が決まる組み合わせが多い中、渡辺達也選手VS敦賀清文選手の戦いは、エキストラホールへ突入すると言う厳しいものと成りました。結果は上記の通りです。

 

次回準決勝は箱根コースをスタートし、丹沢そして富士をまわる27ホールズと成ります。正しく気力と体力そして技術力が、問われる試合と成ります。

 

クラブ選手権覇者を決める、最後のツーステップです。日頃鍛えて来た技術を、存分に発揮して頂きたいと思います。

 

なお11日はお盆の帰省ラッシュによる東名高速道路の大渋滞と成りましたが、これを避ける為にある選手は3時起きでご自宅を出発されたとの事です。

2019年クラブ選手権チャンピオンの部2回戦進出者は下記の皆様

 

 

2019年8月4日(日)快晴の元、2019年クラブ選手権競技チャンピオンの部、第1回戦が行われました。1名様欠場の為、対戦者が不戦勝と成りましたので、出場者は14名と成りました。

 

一組目は7時30分のスタートと早朝でしたが、既に外気温は高く、全選手にとって暑さは天敵とも言えるものですが、条件は皆同じですから、その様な不満を口にする方は皆無でした。

 

会員として1年間の集大成を此処に求めている方も多く、和気あいあいとした中にも緊張感が漂うスタート風景だったと言えます。

 

2回戦への出場を決めたのは、下記の皆様です。ご健闘を祈念致します。

 

 

< 長島英樹選手 VS 遠藤朋之選手 >

 

 

 

< 渡辺達也選手 VS 敦賀清文選手 >

 

 

 

< 澤越博幸選手 VS 相原和夫選手 >

 

 

 

< 奥津久史選手 VS 横山 登 選手 >

 

2019年クラブ選手権セカンドフライト2回戦への進出者は下記の皆様

 

 

2019年8月4日(日)快晴のもと、2019年クラブ選手権競技セカンドフライト第1回戦が行われました。参加選手は、欠場者2名の方が出た関係から、14名に成りました。

 

当日は富士コースをスタートし、箱根コースをまわる18ホールズにて戦われましたが、2回戦への進出者は下記の皆様です。

 

< 原田道夫選手 VS 髙杉宏史選手 >

 

 

 

< 原田 仁 選手 VS 矢﨑宏明選手 >

 

 

 

< 片岡裕晶選手 VS 村田武人選手 >

 

 

なお今回1回戦を突破致しました吉井聰明選手は、2回戦であたる予定の組2名が欠場の為、不戦勝にて3回戦へ回る事に成りました。

 

3回戦では、原田選手VS髙杉選手の勝者と、戦う事に成ります。

7月の月例競技_Bクラス結果

 

 

7月7日(日)どんよりとした空模様の中、Bクラス月例杯が開催されました。当競技会への参加者は女性3名、男性48名の合計51名でした。

 

幸いな事に終日雨が降る事無く、若干風は有ったものの、ラウンドはし易かった事と思われます。

 

この度優勝されたのは、飯島保夫様でした。フロントナインの箱根コースを46、バックナインの丹沢コースを40のトータル86でまわって来られました。

 

ハンディキャップが22ですので、ネット64と言うスコアでした。同ネットには福羽様もおられましたが、ハンディキャップの関係から優勝と成ったのです。

 

Bクラス優勝_飯島保夫様

  

丹沢コース2番ホールにて撮影

 

飯島様はトップスタートの関係から、あいにくお話を伺う事は出来ませんでした。

 

2位以下5位までの入賞者は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 福羽泰紀  48/44 グロス92 ネット64

3位 吉村賢一  42/40 グロス82 ネット65 ベストグロス

4位 中川廣行  41/42 グロス83 ネット65

5位 金子強   44/39 グロス83 ネット65

 

来月の競技会への皆様のご参加、宜しくお願い申し上げます。

7月の月例競技_Aクラス結果

 

 

7月7日(日)Aクラス月例競技が、開催されました。季節は梅雨時ですので雨も心配されましたが、終日曇り空で、プレーし易い環境だったと思われます。

 

この度のAクラスはハンディキャップ4から16までの男性42名にて、富士コースから箱根コースをまわる18ホールズで戦われたのですが、優勝の栄冠に輝いたのは青木惠一様でした。

 

Aクラス優勝_青木惠一様

 

青木様のスコアは富士コース38、箱根コース38のトータル76ですが、ハンディキャップ10ですので、ネット66と言う驚異的スコアとなりました。このグロス76は、本日のベストグロスでもあります。

 

えっ、6アンダーなの」、と青木様の成績表をのぞき込む多くの選手が、一様に驚嘆しておりました。この好調さは何処から来ているのでしょうか?

 

これに付いて青木様は、ライバルである原田様と同一の組で競い合えた事が、とても良い緊張感を保てたと、精神面での効果を語っておられました。

 

また最近ご自宅近くの練習場で打ち込みを行った事が、本日のスコアにつながった様で、300発ほどの球数は嘘をつかないと言う事なのだと思われます。

 

  

富士コース1番ホールにて撮影

 

ハードな特訓を行ったにもかかわらずご本人曰く、「技術的には伸びしろが無いものね」と自嘲気味の分析を披露して下さいました。

 

更に本日の好結果を引き出した要因として、コースマネジメントを青木様は上げられました。これまでの失敗を繰り返さない様にと自らに言い聞かせ、きざむ処と攻める処のメリハリを付けラウンド出来たとの事です。

 

広報から「頭脳的なプレーですね」と話を向けると、いや「学習効果が出たと言う事ですよ」と切り返されてしまいました。

 

冒頭の写真での青木様は若干緊張気味ですが、お話を伺っている間は、笑顔が絶えませんでした。

2019年理事杯Aクラス優勝は志村等様

 

 

2019年6月23日(日)梅雨の時期特有のすっきりしない空模様の中、理事長杯Aクラスで戦う選手の1組目は、早朝7時30分に富士コースをスタートして行きました。

 

本日がファイナルラウンドです。

 

6月9日、6月16日、そして6月23日と3日間に及ぶ激戦を制し、この度理事長杯Aクラス優勝と言うビッグタイトルを獲得したのは、ハンディキャップ16の志村等様です。

 

志村様の初タイトル獲得です。

 

2019年理事長杯Aクラス優勝_志村等様

 

志村様は会員歴14~15年ですが、本格的に競技へ参加され始めたのは、今から10年ほど前からとの事です。

 

技術の好不調のなか志村様は、AクラスとBクラスを渡り歩きながら、様々な当クラブ競技へ参加されて来ております。その様な中この理事長杯では、かつて2位と5位と言う好成績を、残されて来ております。

 

「この競技はハンディキャップを活かせますからね」と言うコメントには、密かな自信或いは可能性を信じて参加されている事を伺えると共に、それが志村様のモチベーションにもなっている様に受け取れました。

 

この様な気持ちが選手にとって、とても大切なのだと教えられます。

 

 

  

 

志村様の3日間を振り返るならば、初日ネット68の首位タイ、2日目ネット69で4位、そして最終日はネット69の3位タイと言う成績でした。

 

この結果3日間合計のネットスコアが206となり、2位の選手へ1打差と言う僅差で、総合優勝を飾る事になったのです。

 

ご本人はご自身のゴルフを「波の激しいゴルフ」と称しておりますが、3日間を振り返るならば常にアンダーパーでラウンドされて来ており、この安定感が総合優勝につながったとも言えます。

 

落ち着いた物静かな語り口の志村様ですが、初のビッグタイトル獲得の喜びは、ひしひしと伝わって来るお話でした。

2019年理事長杯Bクラス優勝は小笠原康夫様

 

 

2019年6月23日(日)時おり小雨模様のすっきりしない中、本年度Bクラス理事長杯を戦う選手の皆さんは、早朝の7時30分に箱根コースをスタートして行きました。

 

本競技は昼休憩を取る事無く、スルーで18ホールをラウンドするものでした。

 

理事長杯Bクラス優勝_小笠原康夫様

 

この戦いを制したのは、小笠原康夫様でした。

 

小笠原様の戦いを振り返るならば、ファーストラウンドのスコアはネット72、セカンドラウンドがネット68、ファイナルラウンドはネット67と、コンスタントにスコアを作り結果は、トータル207ストロークでした。

 

2位の選手へ3打差を付けての勝利でしたが、3日間に及ぶ安定したスコア作りが、ビッグタイトルを手中に出来た要因だったと言えます。

 

  

 

小笠原様は会員歴約30年を誇る大ベテランですが、これまでこの様なビッグタイトルに恵まれた事が無いと言いつつも、1994年にはグランドチャンピオンを獲得しております。

 

この度のビッグタイトル獲得を何方へ先ず報告したいですか? と言う広報の質問に対し、小笠原様は「家庭で吉報を待ち望んでいる奥様へ伝えたい」、とお話し下さいました。

 

「やったよー」とお話しされるのでしょうか?

 

優勝のお話を伺う事が出来たのは、表彰式までの短い間でしたが、小笠原様のお話は途切れる事無く饒舌で、終始喜びを爆発させていました。

 

おめでとう御座います。

CALENDAR

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ARCHIVES