富士平原GC かわら版

研修会は7戦を消化し残すところ3試合

 

 

10月18日(日)快晴のもと、本年7ラウンド目の研修会が開催されました。当日の参加会員は、在籍26名中12名様でした。

 

当日ベストスコア74(2オーバー)を出したのは長島久様ですが、此れ迄の不調を一気に吹き飛ばす様な快進撃でした。ご本人曰く、特段何が良かったと言う訳でもないとの事ですが、関東倶楽部対抗戦の選手選出へ向け、大きく存在感を示した形になりました。

 

 

この日のベストスコアを出した長島久様

 

 

残すところ3戦ですが研修会員の皆様には、思う存分に力を発揮して頂きたいと思います。

 

ところで2021年の関東倶楽部対抗戦の予選会場は、今年実現しなかった沼津ゴルフクラブです。これは10月16日に関東ゴルフ連盟が、公式に発表した内容です。

 

10月の月例競技_Aクラス優勝は矢野陽一朗様

 

 

10月4日(日)早朝の気温は15度ほど、風はほとんど無いものの空は雨模様でした。しかしながらスタート時間を過ぎるや次第に空気が変わりだし、参加者の中には半そで短パン姿の方も居られ、ある意味最高のゴルフ日和になったと言えます。

 

今回ご参加された方々は、男性のみ71名でしたが、まれに見る盛況でした。1組目は7時23分にスタートしたのですが、最終組は10時を過ぎていました。

 

今回Aクラスは富士コースをスタートし箱根コースを回る流れですが、激戦とも言える10月の競技会を制したのは研修会会員でもある矢野陽一朗様です。

 

 

Aクラス優勝_矢野陽一朗様

10月4日マスター室前にて撮影

 

 

今回矢野様を優勝へ導いた要因は、ショットのブレを修正出来た事に有ります。今夏7月末日まで続いた長雨は、矢野様のショット狂わせました。

 

雨に対する苦手意識が有るのか、どうしても雨の状況下では強振する傾向にあり、これが普段の矢野様を不調へと落とし込めたのです。

 

今回の競技会では此れ迄を反省し、矢野様はゆっくり大きく振る事を心掛けました。これが功を奏し富士コース39、箱根コース38トータル77と言う安定したスコアを叩き出せたのです。ネット63は、後続の方の戦意を喪失させるに、充分なスコアでした。

 

また同伴競技者の方々のゴルフに対する真摯な姿勢、そしてそこから醸し出される緊張感の有るゴルフが、非常に有意義だったと語る矢野様には、同伴者への感謝の気持ちと充実感がみなぎっていました。

 

優勝おめでとう御座います。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 入江崇志  39/43 グロス82 ネット66

3位 相原和夫  37/37 グロス74 ネット67 ベストグロス

4位 原 雄二  37/38 グロス75 ネット68

5位 舟橋史郎  40/36 グロス76 ネット68

 

10月の月例競技_Bクラス優勝は上田晃一様

 

 

10月4日(日)早朝時に心配された空模様ですが、終わってみれば雨に見舞われる事も無く、絶好のゴルフ日和だったと言えます。

 

競技参加者は68名、内3名が女性でした。

 

今回この競技会を制したのは上田晃一様です。箱根コースを43、丹沢コースを44のトータル87でラウンドされた上田様ですが、ハンディキャップ26が大きくものを言って、ネット61と言う驚異的スコアをたたき出したのです。

 

 

< 10月度月例Bクラス優勝_上田晃一様 >

10月4日マスター室前にて撮影

 

今回この様な好調さを発揮し得たのは、距離は出るものの暴れるドラーバーショットを、この日に限りコントロール出来たからです。

 

ほとんどフェアウエーをキープしてからの、グリーンを狙うセカンドショットは、手前手前からと攻め、決してグリーンオーバーする事が無かった様です。

 

難しいショットは誰がやっても難し訳ですから、その様な状況を作らないのは、コース攻略の鉄則だと思いますが、思うは易く実行はなかなか難しいのがゴルフです。

 

昨年2019年に当クラブの会員となられた上田様ですが、費用対効果抜群とも言える会員権に、満足度も高い事と思われます。

優勝おめでとう御座います。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 志村 等  41/40 グロス81 ネット64 ベストグロス

3位 青木慎介  51/47 グロス98 ネット64

4位 吉村賢一  41/42 グロス83 ネット65

5位 清水勇生  52/42 グロス94 ネット65

 

2020年度グランドシニア選手権優勝は横田信一様

 

 

9月20日(日)どんよりとした天候の中、2020年度グランドシニア選手権の決勝が行われ、見事優勝したのは横田信一様です。

 

横田様決勝日のスコアは、富士コース36、箱根コース39のトータル75でした。予選のスコアも75でしたから2日間合計150ストロークでの優勝となりました。

 

横田様は昨年のグランドシニアにも挑戦され、決勝へ進むも優勝には手が届きませんでした。この経験を活かし、今年二度目の挑戦となった訳ですが、ある意味短期間で選手権を制覇したとも言えます。

 

横田様は決勝日を振り返り、緊張感の有る楽しいゴルフが出来たとしており、今後はシニア選手権へもトライしたいとのご希望を語って頂けました。益々のご活躍を祈念致しております。

 

グランドシニア選手権獲得おめでとう御座います。

 

 

鈴木支配人による優勝カップ授与

 

 

 

マスター室前にて撮影

 

 

 

富士コース1番ホールにて撮影

 

 

ところで2位タイへは一打差で横山登、長島久両選手が入りました。横山様の決勝日71と言う追い上げが素晴らしい反面、長島様の凡ミスは何とも悔やまれ、ご本人自身課題を残された様ですが、今後更なる飛躍へ繋げて頂きたいと思います。

 

グランドシニア選手権決勝進出者が決定

 

 

9月13日(日)曇天ながらも雨、風無く、早朝の気温は22度、高原の空気が気持ち良い競技日でした。

 

この日当クラブ60歳以上のつわものどもが、覇を競ったのはグランドシニア選手権競技です。エントリーは22名、1組目のスタートは7時25分、皆さん力強いスイングで箱根コースをスタートしました。

 

本日予選会はストロークプレーのスクラッチ競技ですが、結果1位タイは下記の3名様が獲得されました。そのスコアは75。

更に次週の決勝戦へ駒を進めた、1位タイ以外5名の方々は下記の皆様です。

 

 

2020年度グランドシニア選手権予選1位タイ_原田道夫様  39/36 

 

 

< 2020年度グランドシニア選手権予選1位タイ_長島久様  35/40 

 

 

< 2020年度グランドシニア選手権予選1位タイ_横田信一様 39/36 

 

 

 

なお4位以下6位タイまでの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

4位 大野裕雅  38/39 _77

5位 原田 仁  38/40 _78 

6位 横山 登  39/41 _80

6位 飯田庫生  39/41 _80

6位 村田武人  44/36 _80

 

6位タイまでの皆様に於かれましては、調子の良し悪し、更には様々なアクシデントが予選会ではあった事と思われますが、来週の結果次第では下克上も充分に有り得ます。

 

2日間の総合スコアで1位になられた方が、当クラブ2020年度グランドシニア選手権覇者と言う事になりますので、是非来週も頑張って頂きたいと思います。

 

9月のインテグレーションカップ優勝は飯島保夫様

 

 

正しくゴルフ日和と言える9月13日(日曜日)、2020年9月度のインテグレーションカップが開催されました。

お集まり頂きました会員の皆様は39名にて、丹沢コースを1組目が8時5分にスタートして行きました。

 

この日見事に優勝されましたのは飯島保夫様です。丹沢コースを41、バックナインの富士コースを43のトータル84で、まわって来られました。

一日気持ちよくラウンド出来たとの事ですが、大きな要因は新調したドライバーの調子が良く、振っても曲がる気がしなかったとの事です。

 

 

9月度インテグレーションカップ優勝_飯島保夫様

マスター室前にて9月13日撮影

 

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 有光哲彦  41/43 グロス84 ネット64

3位 岩本尚士  45/44 グロス89 ネット64

4位 津田勝美  38/43 グロス81 ネット65

5位 飯窪秀司  44/38 グロス82 ネット66

 

9月の月例競技_Bクラス優勝は飯窪秀司様

 

 

9月6日(日)大型台風10号の影響から、小雨と油断するといきなり土砂降りになる不安定な天候の中、9月度Bクラス月例杯へは女性2名を含めた43名の会員皆様にご参加頂きました。

 

この様な中、この競技で優勝されたのは飯窪秀司様です。スタートコースの富士を43、バックナインの箱根コースを42、トータル85でラウンドされネット67のスコアは、2位選手へ4打差をつけるものでした。

 

 

9月度月例Bクラス優勝_飯窪秀司様

お写真は2017年12月18日3F会にて優勝された時のものです。

 

 

なおこの日のベストグロスも飯窪様が獲得されています。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 前迫 仁  44/44 グロス88 ネット71

3位 神野敬久  45/45 グロス90 ネット72

4位 綿貫 衛  47/45 グロス92 ネット73

5位 釼持寛正  48/45 グロス93 ネット73

 

9月の月例競技_Aクラス準優勝は山口靖人様

 

 

9月6日台風10号の影響から開催も危ぶまれましたが、男性会員45人が参加し無事にAクラス月例競技を終了する事が出来ました。

 

優勝しましたのは沢居正志様ですが、写真は困るとの事から、2位の山口靖人様にご登頂く事としました。

山口様には感謝申し上げます。

 

9月例競技Aクラス準優勝_山口靖人様

マスター室前にて撮影

 

 

この度の月例競技は丹沢コースをスタートし、後半は富士コースを回る流れでした。早目にスタートした選手の方々は、雨の関係から少しハンディがあったのかも知れません。

 

この様な気象条件から、全般的にスコアが伸びず、ネットスコアでアンダーをマークされた方々は、10名に留まりました。

 

今月は様々な競技が目白押しです。6日(日曜日)の様な苦しい状況での頑張りが、次の競技に活きて来ると思われますので、皆様のご活躍を祈念致しております。

 

なお1位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

1位 沢居正志  41/38 グロス79 ネット65

2位 山口靖人  40/40 グロス83 ネット67

3位 原 雄二  38/38 グロス76 ネット68 ベスグロ

4位 吉川康宏  42/42 グロス84 ネット68

5位 塩野 茂  42/42 グロス84 ネット68

 

2020年度クラブ選手権優勝は奥津久史様

 

 

9月6日開催のクラブ選手権は大型台風10号の関係から、天候悪化が懸念されておりました。スタート直前の7時時点では時折どしゃぶりとなり、レインウエアに身を包み準備された決勝を戦う2選手でした。

 

台風天気は気まぐれです。2選手がティーングランドに立った7時2分には小雨となり、両者ともレインウエアを脱ぎ捨てていました。

気温26度、ほとんど風は感じられませんでした。

 

この厳しい気象状況の中、晴れの優勝を勝ち取ったのは奥津久史様です。奥津様にとっては、昨年の同競技決勝にて敗北すると言う苦い経験をお持ちですので、念願の優勝と言う事になりました。

 

 

鈴木支配人による優勝カップ授与

 

 

 

< マスター室前での撮影

 

 

奥津様の力強いスイング

富士コース1番ホールでにて撮影

 

 

奥津様は対戦相手である三井様と、25ホール目の富士コース7番ホールまでもつれ、いわゆる接戦と言う表現が適切なほどでした。

 

優勝を少しだけ意識したのは、最後の最後、富士コース7番ホールのグリーン上だったとの事で、そこまで気を緩める事は全く出来なかった様です。

 

奥津様曰く、この度のクラブ選手権優勝を「まぐれ」と言われない為にも、出来ればもう一度優勝出来る様頑張りたいとの事です。

是非連覇を目指し頑張って頂きと思います。優勝おめでとう御座います。

 

2020年度クラブ選手権セカンドフライト優勝は青木惠一様

 

 

大型台風の影響からお天気が心配されましたが、セカンドフライトを戦う2選手がスタートした7時過ぎには小雨となり、遠くには青空も見え少し期待出来るような状況でした。

 

この決勝戦で対戦相手の渡辺様より、「絶好調」のお言葉を頂いたのは青木惠一様です。渡辺様にとっては、頑張っても頑張っても歯が立たなかい状況から、この様な表現になったのだと思われます。

 

この日青木様は、24ホール目となる富士コース6番で渡辺様を退けた訳ですが、いわゆる4&3と言うマッチスコアでした。

 

 

鈴木支配人とセカンドフライト優勝の青木惠一様

マスター室前にて撮影

 

 

このマッチを若干振り返るならば、スタートコースの箱根で青木様が1UP、丹沢コースでトータル3UP、そして最終コースの富士にて4UPとした青木様に軍配が上がった事になりました。

 

青木様おめでとう御座います。

 

CALENDAR

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ARCHIVES