富士平原GC かわら版

2019年プロテスト合格を目指す研修生・金子直矢の挑戦

 

 

本日会員の皆様へ紹介するのは、今年公益社団法人日本プロゴルフ協会(会長:倉本昌弘_以下PGA)のプロテストへ挑戦する、当クラブ所属の研修生・金子直矢です。金子はプロテスト初挑戦になります。

 

 

金子は2017年11月より当クラブ所属の研修生として今日に至っておりますが、その経緯は当時在籍していた山梨学院大学を中退し、プロゴルファーの道を選択したからに他なりません。

ゴルフを自らの職業として行くからには、アマチュアゴルファーで時間を費やしたく無かったとも言えます。

22歳での決断でした。

 

昨年2018年は静岡県ゴルフ場協会主催の研修ラウンドで健闘し、年間順位2位の成績を克ち取りました。

1位の選手とは、総ストローク数で1打差でした。6ラウンドに於ける平均ストロークは69と言うもので、これは殆どの研修ラウンドで常にアンダーパーでまわって来なければ、達成出来ない数字なのです。

この結果、7月から始まる第二次プロテストへ、駒を進める事が出来ました。

 

金子のゴルフスタイルは、コースマネジメントをしっかりしながら、バーディを取れるホールで確実にとって行くもので、安定感のあるゴルフだと言えます。

得意クラブは8番アイアンですが、このクラブで150ヤード前後のピンを狙って行きます。ワンピン以内についたならば、もう一つ得意なクラブであるパターで、バーディを果敢に狙っていきます。

 

金子は自身の課題を、ドライバーショットに於いています。ドライバーは少し安定感が無い点に、不安を感じている様ですが、テストの始まる7月迄にはトレーニングを積んで、今以上にしたいと考えております。

最終プロテスト会場である茨城県の静ヒルズカントリークラブより、吉報を届けられる様頑張ります、と本人も固い決意で臨む所存ですので、是非、会員の皆様にも応援して頂き、ご声援頂ければ幸いで御座います。

2019年プロテスト合格へ_研修生・中莖雄大の挑戦

 

2019年の今年、当クラブから男女5名の研修生が、プロテスト合格を目指し挑戦する事になりました。男子の場合は、約5,500名が在籍する公益社団法人日本プロゴルフ協会(会長:倉本昌弘_以下PGA)が、認定する年一度の実技テストで合格する事が目標になります。

 

このプロテストには毎年約1,000名の選手がエントリーしていますがその流れは、 プレ予選 ➜ 第一次プロテスト ➜ 第二次プロテスト ➜ 最終プロテスト と言うものに成ります。最終プロテストで上位50位タイまでの選手が合格と成ります。

 

当クラブ所属の5名に付いては、順を追い紹介して行きたいと思いますが、本日は中莖雄大(ナカクキ ユウダイ_26歳)を紹介させて頂きます。

 

 

中莖は地元静岡県の出身で、現在26歳です。ゴルフの強豪校である日本大学在学中は、体育会系ゴルフ部で活躍し、卒業後当クラブへ研修生として勤務しております。

 

当クラブが所属しております静岡県ゴルフ場協会は、PGAより13名のプロテスト推薦枠を与えられております。同協会主催の研修8ラウンドに於いて、1位の選手は自動的に最終プロテストへ進む事が出来、2位より13位までの12選手は、第二次プロテストへエントリー出来るのです。

 

中莖はこの研修ラウンドに於いて、6ラウンドの平均ストローク70.5を記録し、4位の成績を収めました。この結果、第二次プロテストへの受験資格を獲得しております。エントリーは3月1日より開始されますが、試合は全国3会場にて、7月に行われる予定です。

 

中莖は昨年、北海道の登別カントリー倶楽部で開催された、最終プロテストへ挑戦する事が出来ました。しかしながら2日目と最終日に、自身が描く思う様なゴルフを展開出来ず、涙を飲む事になりました。今年こそはと言う強い思いで、応援して下さる当クラブ会員の皆様へ、吉報を届けたいと考えております。

 

是非とも引き続きご声援のほど、お願い申し上げます。

初夢月例杯の優勝者及び入賞者は下記の方々

 

2019年1月20日(日)今年第1回目の月例競技が開催されました。既にお知らせしておりますよう、これ迄の3クラス分けを、AとBの2クラスへ再編し初めて行われました。

 

早朝は小雨に成るも10時頃より少しづつ回復し、虹を見る事も出来ました。午後からは快晴と成ったのですが、気ままな風はプレーヤーのクラブ選択を大いに迷わせました。

 

ところで今回Aクラスは、富士コースから箱根コースをまわる18ホールズで、参加者は男性36名でした。またBクラスは箱根コースから丹沢コースと言う流れで、参加者は男性37名、女性5名の合計42名でした。

 

< Aクラス優勝_相原和夫様 >

 

 

富士コース8番ホールにて撮影

 

相原様は富士コースを38、箱根コースを36のトータル74でラウンドされたのですが、ハンディキャップは6ですのでネット68にて、同スコアの牧野様をハンディの関係から退け優勝しました。

 

また相原様のグロススコアは、二位の奥原様を7打差と大きく引き離しました。ホールアウトして来る多くの選手が、異口同音に「今日の天候でこのスコアは凄い」と発していましたが、皆様ただただ同感するばかりでした。

 

このスコアに対しご本人は「満足していますよ」と言いつつも、やり残した事が有った様な、若干消化不良の部分がご自身の中であった様です。

 

尚、以下入賞は下記の皆様です。(敬称略)

2位 牧野文夫 39/43 グロス82 Net68

3位 諸星道治 45/39 グロス84 Net69

4位 奥原唯視 40/41 グロス81 Net71

5位 山本務  41/42 グロス83 Net72

 

< Bクラス優勝_藩 美子様 >

 

Bクラス優勝は箱根コース45、丹沢コースを同じく45のトータル90にてラウンドされた藩美子(バン ヨシコ)様です。ハンディキャップが26ですからネット64の好スコアで、二位の選手に5打差を付けての優勝と成りました。

 

当月例競技に於けるティーンググランドは、女性と言えども男性と同様です。厳しい当日の天候のみならず、総ヤーデージも男性に伍して戦った藩様は、大きな力を発揮し見事に優勝したのですが、グロスでも5位と言う結果でした。

 

ホールアウト後の感想を伺うと藩様は、「白マークからですから、ほとんどパーオンしませんが、アプローチとパットに助けられました」との事でした。充実感に浸ったお話を、伺う事が出来ました。

 

尚、以下入賞は下記の皆様です。(敬称略)

2位 前田廣次 46/41 グロス87 Net69

3位 片平拓  47/45 グロス92 Net69

4位 池田良子 51/50 グロス101 Net70

5位 加藤優一 42/46 グロス88 Net71

 

< 3位入賞_片平拓様 >

 

競技会の最終組から一組前でまわっていた片平様ですが、箱根コース47、丹沢コース45のトータル92でホールアウトしました。片平様のハンディキャップは23ですから、ネット69で上位進出をはかりました。

 

技術面やら精神面で好スコアを出せた要因を伺いたかったのですが、片平様は若干興奮気味で、「何が良かったのか、良く分かりません」と自嘲気味にお話しされていました。

 

とは言え片平様の嬉しさが、ひしひしと伝わって来ており、充実感を味わって頂いて居られました。また次回も挑戦して頂きたいと思います。

第359回 3F会

平成31年1月16日開催

 

今年2回目の3F会が生憎の小雨降る中17名の方々に

お集まり頂き開催されました。

今回の優勝は・・・中村 皓 様(研修生:柴&金子と)

パーティの様子

来月は、2月28日の開催となります。

皆様のご参加お待ちしております。

2019年新春インテグレーションカップ優勝は髙橋明彦様

 

2019年1月13日(日)インテグレーションカップが開催されました。前日夜半からの空模様が心配され、天気予報では雪の可能性もありました。

 

しかしながら当日は10時頃よりは陽も差し始め、風も殆ど感じられず、天候に恵まれたとも言えます。とは言え天候を不安視し、若干名の方がエントリーを取り止める中、19名の参加を得て開催されたのですが、今競技で優勝を飾ったのは髙橋明彦様です。

 

箱根52、丹沢46のトータル98スコアでラウンドされた、髙橋様のハンディキャップは33ですから、ネット65と言う事になります。

 

ホールアウト後の集計所では笑顔満面の高橋様でしたが、「今日は帰りますが、カップは次回参加時に頂きます」とのお言葉は、競技の楽しさを存分に味わって頂けている様でした。

 

<2019年1月インテグレーションカップ優勝_髙橋明彦様>

 

 

 

以下順位は下記の通りです。(敬称略)

2位 金子強  グロス89 ネット66

3位 飯島保夫 グロス86 ネット68

4位 堀内公正 グロス87 ネット68

 

<5位_吉村賢一様、グロス83 ネット69>

 

5位に入賞されたのは、吉村賢一様でした。ベストグロス82の茂田勉様には一打及びませんでしたが、83はグロス2位の成績でした。

 

普段から「キレないゴルフ」に努めており、今競技でもその様なゴルフが出来たとの事です。どの様な自然条件であろうと、参戦を決めたからには不平不満を言わず一生懸命取り組む姿勢は、ゴルファーの鏡とも言えます。

 

今日は3メートル前後のパットが良く入ったとの事ですが、反面1メートル前後のショートパットにミスが多く、課題を残したようです。この点を修正し次回の競技会へ、臨まれるものと思います。

 

あきらめないゴルフを信条としておられる吉村様ですが、支配人鈴木との表彰式へ臨んだ笑顔は、お人柄がにじんでいる様でした。

 

第358回 3F会

平成31年1月7日 開催

 

新年最初の3F会が22名の方々にお集まり頂き開催されました。

今回の優勝は・・・飯島保夫様です!(研修生:吉野達也と)

飯島様の優勝のポイントは、帯同した研修生:吉野達也からのアプローチのアドバイス

が功を奏したとの事でした。

パーティの様子

羽ばたけ坂田俊介プロ_当クラブ所属トーナメントプレーヤーを紹介

 

当クラブ所属の坂田俊介プロに、今年そして来年に向けた抱負を、語ってもらいました。下記内容は当クラブ広報部がまとめたものですが、坂田プロのJGTOツアーに対する挑戦を、会員の皆様にもご理解頂き、ご支援賜りたくお願い申し上げます。

 

  

 

  

 

坂田プロは中学生時にバスケットボールを部活動で行っていましたが、父親の影響も有り15歳の秋からゴルフに取り組む様になりました。その後ゴルフの強豪校である専修大学へ進学し、4年生時にはキャプテンを務め、日大や東北福祉大学と多くの大会でしのぎをけずって来ました。

 

卒業後はプロの道を歩むべく、同郷の先輩である遠藤慎一プロがキャディーマスターを務める当クラブへ、就職する事になりました。そして2016年に3回目の挑戦でPGAのプロテストに合格したのですが、合格者55人中13位タイの成績でした。

 

現在JGTOツアーへ参戦すべく準備中ですが、昨年富士カントリー可児クラブ・可児ゴルフ場にて行われたサードQTでは、2日目と3日目に調子を崩しファイナルへ進めず悔しい思いをしましたが、今年こそはと言う思いも強くしております。目的は2020年にJGTOツアーを主戦場に戦う事です。

 

同プロの持ち味は、厳しいコースセッティングの中で大たたきする事無く、バーディチャンスを確実にものにして行く事です。ドライバーの平均飛距離は270ヤードですので、決して飛ぶ方では有りませんが、ショットの正確性そしてアプローチとパットで、優勝を狙える選手に成りたいと考えています。

 

近年PGA TOURによるコースセッティングの特徴は、トーナメントに於けるコースヤーデージを闇雲に延長する事では無く、ショットメーカーが優勝出来るようなものへと変化しつつあります。これはギアメーカーの絶え間無い用具開発とその進化により、これまでのコースが陳腐化しつつある事に対する、ある意味アンチテーゼとも言える対策です。

 

時代が選手を作り上げる訳ですが、坂田プロにとってPGA TOURのこの傾向は歓迎すべきものであり、近い将来必ずJGTOツアーもその様に動いて行くものと思われます。パワーゴルフに対する神格化は、曲がり角にさしかかっており、徐々に終焉を迎えつつあると言っても過言では無いのです。

 

坂田プロは当クラブに於いて後進の指導のみならず、会員の皆様への技術的アドバイスも日常的に行っております。アドバイス内容によってはフィーが発生する場合も有りますが、是非、坂田プロのエッセンスを吸収し、技術力をアップして頂きたいと思います。

2019年新年のご挨拶

 

 

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。
会員の皆様におかれましては、穏やかな新年をお迎えの事と、心よりお慶び申し上げます。

 

早いもので私も前任の木本より支配人職を引き継ぎ、今年の4月でまる2年に成ります。会員の皆様に喜んで頂けるサービスは何かと、日々自問自答しながら一歩ずつ歩みを進めている今日で御座います。

 

昨年は会員ご家族様によるご利用が、多くなって来た様に感じられた1年でもありました。2世代或いは3世代に渡る会員ご家族様のラウンドは見ていて微笑ましく、皆様にコミュニケーションの場を提供出来ている事を誇りにさえ思えます。

 

今日社会の高齢化は否応無しにすすんでいますが、仕事をリタイヤした後の人生が長いのも事実であり、如何に健康寿命を延ばすかは、社会の大きなテーマでもあります。私共はゴルフを通じこの大命題へも、貢献出来るのでは無いかと考えております。

 

競技志向或いはエンジョイ型更にはファミリー層まで、様々な会員の皆様にゴルフを通じ、充実した日々を過ごして頂きたく、本年も従業員一同鋭意努力する所存で御座います。何卒ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

2019年元旦

富士平原ゴルフクラブ

支配人 鈴木 幹男

研修生の中莖雄大がOAKLEY CUPへ参戦

 

                   < 研修生・中莖雄大 >

 

当クラブ研修生の中莖雄大(ナカクキ ユウダイ)が、2018年12月24(月)千葉県の房総カントリークラブ・房総ゴルフ場の東コース(以下房総CC東コース)を舞台に開催された『OAKLEY CUP』へ、プロ資格にて参戦して来ました。

オークリーは米国カリフォルニア州に本社を構えるスポーツ&ライフスタイルブランドですが、その日本法人が昨年に続き今年2度目の大会として開催したものです。

 

プロとアマチュアの垣根を越えて戦われるこの大会は、全国の予選会を経て24日に開催されました。

参加予定選手は92名でしたが、棄権2名により90名にて戦われました。内訳はプロ43名、ジュニア16名、アマチュア31名でした。

当クラブ所属の中莖は、11月に千葉県の浜野ゴルフクラブで行われた予選会を好成績で突破し、これにより24日の本戦へ出場する事が出来たのです。

 

会員の皆様もご存知の事と思われますが、房総CC東コースは今年公式戦である日本プロゴルフ選手権大会が、開催された舞台でもあります。50歳に突入した谷口徹選手の優勝は、未だ記憶に新しいところですが、優勝スコアは4日間トータル6アンダーでした。

 

この度中莖は練習ラウンド無しの一発勝負で挑んだのですが、結果は6オーバーの78ストローク、全参加者中33位タイの成績でした。同スコアには5名の選手がおり、中には今年JGTOツアー賞金ランキング43位の成績を残した、大堀裕次郎選手が含まれております。

 

中莖は強く吹く風と、グリーンの厳しいピンポジションに悩まされました。とは言え条件は皆同じですので、この様な時の対応力を身につけて行く事が、今後の課題として残りました。優勝は竹内大選手で3アンダーでした。

 

中莖は「よりいっそう練習に励み、会員の皆様により良い報告が出来る様にしたい」、と述べております。会員の皆様におかれましては、場内で当人を見かけましたなら、気楽にお声をかけて頂ければ励みに成りますので、お願い申し上げます。

本年を締めくくるグランドチャンピオンシップ開催

 

2018年の月例競技及び木曜杯とレディース杯の総決算とも言えるグランドチャンピオンシップが、小雨交じりの中12月23日(日)開催されました。今競技は今年1月から12月迄の各月例競技に於ける、各クラス成績上位5名迄の方に参加資格が有ります。また木曜杯とレディース杯も同様です。

 

各クラスの優勝者は下記の皆様です。

 

                                < Aクラス優勝_柴田修孝様 >

Aクラス優勝者・柴田様のスコアは丹沢37 / 富士40の77ですが、ハンディキャップ11ですからネット66の5アンダーでした。本日のベスグロ74で回って来た2位の横山様を、一打差に抑えての優勝でした。

 

今月のラストコール杯でも優勝を飾り、好調を維持している柴田様ですが、この陰には当クラブのクラブチャンピオンに4度輝いている相原和夫様の存在が、大きく影響している様です。良きゴルフ仲間であり、またゴルフの先輩でもある相原様による技術面やメンタル面の厳しい指導が、徐々に開花して来ている様です。

 

相原様曰く「彼はメンタル面が弱いんですよ」との事ですが、何時の日か師匠を乗り越え、会員から恐れられる勝負の鬼に成る日が、柴田様に来るのかも知れません。目指すは来年のクラブチャンピオンですね。

 

 

                             < Bクラス優勝_青木敏弥様 >

Bクラス優勝は青木敏弥様です。スコアは富士42 / 箱根41のトータル83、ハンディキャップ19ですからネット64の7アンダーでした。悪天候の中18ホールを安定したスコアでラウンドされ、今回Bクラスのベスグロとなった戸山様を一打差に抑えての優勝でした。

 

 

              < Cクラス優勝_有光哲彦様 >

Cクラス優勝は箱根44 / 丹沢46のトータル90で、ラウンドされた有光哲彦様です。有光様のハンディキャップは、23ですからネット67でした。このクラスのベスグロは88でラウンドされた前田廣次様でしたが、有光様の90も2番目と言う好成績でした。

 

バーディを取れたホールも有り、またパーも積み重ねる事が出来、ご自分的にはまずまず及第点のラウンドだったと、有光様は振り返りお話し下さいました。気持ちが切れる事無く、緊張感を維持出来た点が大きく、満足度の高い一日だった様です。

 

次回の挑戦は来年の月例との事ですが、有光様のお話しには「もっと上手くなりたい」と言う、気持ちの高ぶりを感じさせるものがありました。

 

 

              < レディス杯優勝_高後富美江様 >

レディス杯優勝は、高後富美江様です。様々な競技の優勝に顔を出す常連と言ってしまえばそれまでですが、常に技術を維持向上させていく事は、並大抵の努力では無いと思われます。

 

モチベーションの高さを感じさせる高後様ですが、今回富士コースを44、箱根コースを43のトータル87スコアでラウンドされました。ハンディキャップ12ですので、ネット75での優勝でした。

 

ご自身的には納得のいかない部分が多かったかも知れませんが、その様な雰囲気を周囲に見せる事無く、ホールアウト後の笑顔が素敵でした。

 

 

                          < 木曜杯優勝_齋藤豪様 >

齋藤様の優勝スコアは、箱根コース51、丹沢コース42のトータル93、ハンディキャップ27ですのでネット66にて見事優勝しました。

 

齋藤様にとって今回ご自身初の競技会での優勝です。普段はスコアに拘る事無く、お仲間の方と楽しいゴルフをモットーにしている様です。以前のハンディは24でしたので今回3っ増えての参戦でしたが、屈託なく明るく話すその姿は、お人柄がにじみ出ている様でした。

 

エンジョイゴルフ、大変結構な事です。是非来年も足を運んで頂き、お仲間の方々と当クラブでゴルフを楽しんで下さい。

 

 

                           < ホールインワンを達成された青木美恵子様 >

レディス杯にご参加の青木美恵子様は、箱根コース8番のpar3ホールにて、何とホールインワンを達成しました。青木様は実測120ヤードを、6番アイアンにて振り抜きました。ご自身あまり手ごたえは無かったものの、ボールは見事カップに吸い込まれる様に入ったのです。

 

ホールアウトして来た青木様へクラブ広報は、保険に入っていますか、と嫌味な質問をすると、「大丈夫です」と少しキーの高いお声で、喜びを爆発させていました。

 

この日は青木様ファミリーにとって当たり日でした。クラブではクリスマスをお祝いする事にかけて、ジングルベルフェスティバルを模様しておりました。1等はお肉ですが、5口しかありません。なんとこの1等をAクラスで参加していたご主人と共に、奥様の青木美恵子様もゲットしたのです。

 

青木様ファミリーには少し早いクリスマスプレゼントと成りました。

CALENDAR

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ARCHIVES