富士平原GC かわら版

2020年度研修会に付いて青木会長より

 

 

 

 

 

昨年度は17名の方々が富士平原ゴルフクラブ研修会会員として、主にゴルフ技術の研鑽に励んで参りました。

2020年の新年度は4月1日に発足し、新たに7名の方がご入会されました。

 

昨年度から継続して頂いた方々も含め今年は24名体制となりましたが、かつて2013年(平成25年)時には30名の方が、在籍していた事を思いますと、やっとその背中が見えて来たのかとも思います。

 

4月5日(日)に開催されました今年度第1回目の研修会へは、新人の方6名が参加され、大いに盛り上がりました。

ラウンド後の研修会ミーティングは、新型コロナウイルスの関係から中止にせざるを得ませんでしたが、私自身会の盛り上がりを肌で感じております。

 

今年の関東倶楽部対抗は残念ながら中止になりましたが、今年この24名にて切磋琢磨する中から有力選手を輩出し、来年開催されるであろう対抗戦では、此れ迄以上の成績を残せる様にしたいと思います。

 

最後になりましたが、研修会の運営にご尽力頂いている鈴木支配人及び遠藤プロ兼キャディマスターには、会を代表し感謝申し上げます。

 

競技ご参加予定の会員皆様へ緊急連絡

 

 

 

 

昨日4月7日(火)、政府より緊急事態宣言が発令された事により、当クラブに於きましてもクラブ競技及びイベントの開催に付いて、下記の決断を致しましたので、至急報告させて頂きます。

 

■ 2020年シニア選手権(延期) ⇒ 9月~11月の日程で調整中。

 

■ 4月レディース杯(中止) ⇒ 5月以降開催予定。

 

■ 4月14日の3F会(中止) ⇒ 5月以降開催予定。

 

■ 4月バースディカップ(中止) ⇒ 5月以降開催予定。

 

■ 女子マッチプレー選手権(未定_検討中)

 

ゴルフ場主催の競技・イベントに付きましては、上記ご案内の通りでございますが、静岡県は緊急事態宣言の発令地域外となっております。一般のプレーに関しては、平常通り営業させて頂きす。

 

尚、新型コロナウィルス感染症対策として、

 

1、クラブハウスロビー・男子ロッカー・浴室等は窓を開けての換気の実施

 

2、レストランホールはプラズマクラスター機能搭載の大型空気清浄機を4台設置での対応

 

3、アルコール消毒による乗用カート等の衛生管理の実施 などを講じております。

 

4月中の当クラブ競技及びイベントの中止は、苦渋の決断では御座いますが、ご参加予定の皆様には、何卒ご理解賜ります様お願い申し上げます。

 

富士平原ゴルフクラブ

支配人 鈴木幹男

 

坂田プロが関西オープン出場権を獲得

 

 

 

 

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)の第5戦、『第86回関西オープンゴルフ選手権』出場へ向けた予選会が4月3日、大阪府堺市の泉ヶ丘カントリークラブ(7,081ヤード・P72)にて開催されました。

 

当クラブからは所属の坂田俊介プロが参戦し、結果は見事1位タイにて、出場権を確保しました。当初41名のエントリーでしたが、欠席12名棄権1名の合計13名が抜ける中、28名で争われた本戦出場2名枠の内1枠を確保出来たのです。

 

この予選会は一日勝負でしたから、泣いても笑っても一発勝負でした。体調管理も含めた好不調が、即結果につながるものでしたが、坂田君はインスタートで3アンダーの33をマークし、バックナインのアウトでは2番ホールでボギーをたたくものの5番でバーディを奪い36とし、結果は3アンダーの69にてホールアウトしました。

 

坂田君の善戦むなしく、4月6日主催者である一般社団法人関西ゴルフ連盟とJGTOは、連盟にて今年の大会に付いて「開催延期」を発表しました。新型コロナウイルスの影響から中止になったのです。

 

しかしながら今回得られた坂田君の権利は、来年開催されるであろう同大会へ、持ち越されるとの事ですので、1年後では有りますが坂田君初のレギュラーツアー出場と言う事になります。

 

会員の皆様に於かれましては、1年後では有りますが、是非楽しみにして頂きたく、応援の程宜しくお願い申し上げます。本人のコメントは、下記の通りです。

 

初のレギュラーツアートーナメント出場に成ります。予選通過を果たし、4日間フルの試合をしたいと思います。会員の皆様には是非応援して頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

 

4月の月例競技_Aクラス優勝は大野裕雅様

 

 

4月5日(日)快晴に恵まれた月例競技は、女性1名と男性48名の合計49名にて、開催されました。この月例競技は研修会競技とも重なった事から、ホールアウト後キャディマスター室前のアテスト会場は、お互いの調子を確認しあう選手同士の会話で、大いに盛り上がりました。

 

早朝に富士コースをスタートした時点では、あまり感じられなかった風ですが、時間の経過と共に次第に強くなり、強者共を大いに苦しめました。

 

アンダーパーで上がって来たプレーヤーが二人のみと言う状況が、これを良く物語っていると言えます。その様な中、2アンダーをマークした大野裕雅様が、見事この度優勝者と成りました。

 

 

 

Aクラス優勝_大野裕雅様

富士コース43 / 箱根コース42_グロス85・ネット70

 

 

競技の一日を振り返り大野様は、< ツキが大きくもたらしてくれた優勝です >と語って居られます。この話には、単にラッキーばかりが重なった訳では無い、伏線とも言える出来事が先月に有ったのです。

 

その出来事は先月の月例競技中に起きました。同伴競技者の打球がシャンクし、大野様の左腕に当たったのです。痛みはほとんど有りませんでした。

 

この打球事故以降、大野様に大きな変化がおきました。次のホールから4連続パーで上がれ、尚且つパットもリラックスして打てる様になったのです。

 

この好調さが今回の競技まで尾を引き、ミスショットがミスにならず、チップインやベタピンになってくれたのです。

 

パットも事故以来好調さを維持しており、刈り高3.8ミリ、速さ9フィートのAグリーンを、大野様の腕(ウデ)は全く苦にしませんでした。

今日一日が、大野様の為にあった様な日でした。おめでとう御座います。

 

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 伊勢政明  45/38 グロス83 ネット71

3位 大川 徹  41/46 グロス87 ネット72

4位 伏木勇二  45/43 グロス88 ネット72

5位 舟橋史郎  40/40 グロス80 ネット73 ベストグロス

 

4月の月例競技_Bクラス優勝は路川郁夫様

 

 

4月5日(日)晴天の中、Bクラス月例杯へは女性4名、男性48名の52名が参加されました。箱根コースのスタート時は穏やかだった風も、次第に強風となり、多くの選手を苦しめました。

 

この様な自然環境をものともせず、10アンダーと言う見事なスコアをたたき出し優勝したのは、路川郁夫様でした。

 

 

< Bクラス優勝_路川郁夫様 >

 

 

箱根コース45/丹沢コース43のグロス88、ネット61と言う路川様のスコアは、2位以下多くの選手を落胆させるに充分な数字でした。

 

氏のゴルフキャリアスタートは20代までさかのぼりますが、本格的に取り組みだしたのは10年ほど前の30代後半からです。

 

氏は昨年の会員募集にて当クラブへ入会されたばかりですが、これまでの飛ばすエンジョイゴルフから、競技ゴルフの楽しさに目覚めた様で、多くの当クラブ先輩諸氏を手本として、更に技術を向上させて行きたいとの思いを強くされております。

 

今後もクラブ競技へ積極的に参加され、クラブライフを楽しんで行きたい、と言うお気持ちを強く持たれた様ですが、路川様にゴルフの神様が降りて来た一日でもあった様です。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 大関 晃  42/42 グロス84 ネット63 ベスグロ

3位 作田幸雄  43/41 グロス84 ネット63 ベスグロ

4位 鈴木文夫  44/45 グロス89 ネット63

5位 吉川康宏  46/41 グロス87 ネット67

 

関東倶楽部対抗中止へ

 

 

 

 

「2020年関東倶楽部対抗」競技が、中止になりました事を報告致します。

 

これは主催者である一般社団法人関東ゴルフ連盟(以下KGA)が、2020年3月23日に下した決定です。同日KGAより「新型コロナウイルス感染拡大防止のため」であり、「誠に残念な決断では有りますがご理解頂きますようお願い申し上げます。」との連絡が有りました。

 

選手の皆様そして会員の皆様に於かれましては、大きな期待を寄せて頂いていた事と思いますが、現在の社会情勢を鑑みKGAの判断が最良のものと、当クラブに於きましても思慮致しております。

 

振り返れば一時中断を経て2013年より、当クラブでは関東倶楽部対抗へ、選手派遣を行って来ております。近年の成績では2016年の13位が、此れ迄の最高順位でした。

 

近年研修会選手皆様の切磋琢磨によるモチベーションの高まりを、肌感覚ですが実感出来る様になって来ておりました。

13位と言わずそれ以上の成績を狙える雰囲気が、出て来ていた様に思われます。

 

この様な中今回の決定は大変残念な事態では御座いますが、是非戦意喪失する事無く、次回へ向け技術及びメンタル面の強化を継続して頂けますよう、当クラブより研修会の皆様へお願いする次第で御座います。

 

レストラン春の新作メニュー5品

 

 

3月17日よりレストランのメニューが、一部変更に成りました。

 

新しく追加されたメニューは下記の5品ですが、料理長のアイデアを中心にスタッフの意見も取り入れ、全員で仕上げました。

 

尚此れ迄親しまれていた 1、金華サバの塩焼き 2、カキフライ 3、味噌ラーメン 4、ニシン蕎麦 5、レディースセット(旧バージョン)の5品は姿を消す事になりましたが、新メニューはプレーヤーの食欲をそそるものと思いますので、是非お試し下さい。

 

 

< まぐろのヅケと炙りサーモンの二色丼

 

 

 

 

アンガス牛のオムハヤシ

 

 

 

 

 レディースセット2020年3月バージョン

 

 

 

 

醤油ラーメン ミニチャーハン

 

 

 

 

天ざる蕎麦 ちりめんご飯

 

 

上記3番目のレディースセットは、此れ迄もあった女性限定の人気メニューですが、名称はそのままで内容をガラリと変えております。

 

是非、召し上がって頂きたい1品です。宜しくお願い申し上げます。

 

 

ゴルフでつながっている原田道夫様ファミリー

 

 

原田道夫様は2019年3月に平日会員から正会員へ移行され、同年4月には研修会へもご入会され、以降様々な競技へ出場されご活躍されています。

 

平日会員として当クラブへのご入会は1995年頃だった様ですが、ご入会の動機はご両親が当クラブの会員だった事です。

 

今回は原田様ファミリーが、ゴルフでつながっているお話を紹介したいと思います。これは3月1日の月例競技へ原田様が出場された折に、直接お話を伺う事が出来た内容です。

 

 

原田道夫様

 

 

☆ 原田様のご両親が当クラブ会員

 

お母様は当クラブ会員であると共に、長くゴルフを続けられており、5~6年前の82歳頃までゴルフを楽しまれておりました。

 

お父様は御病気の関係からその会員資格を原田様のお嬢様、お父様から見てお孫様へ継承され今日に至っております。

今を去る事20年ほど前の事でした。

 

 

☆ 原田様のお嬢様はJLPGAのA級ティーチングプロ

 

原田様のお嬢様は、18歳頃までハンドボールやバレーボールなどに取り組んでいた事も有り、スポーツ好きで身体能力も高かく、ゴルフに取り組むや間もなく数年で、2005年に開催された当クラブ女子競技での優勝もしております。

 

18歳からゴルフに取り組みその面白さの虜になったお嬢様は、腕前も格段に上達し現在では、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会いわゆるJLPGAのA級ティーチングプロ(2015年取得)として活躍しております。

 

具体的にはゴルフ練習場でのレッスンや、大学の一般授業に於ける講義などを行っているとの事です。

 

 

☆ 原田様の奥様と妹様ご夫妻も当クラブ会員

 

そして現在原田様の奥様も当クラブ会員として、クラブライフを楽しまれており、クラブ競技へも積極的にご参加されております。そればかりでなく、奥様の妹様ご夫妻も当クラブ会員になられております。

 

 

☆ 原田様のお嬢様とご結婚されたご主人も会員

 

先ほどお嬢様のご活躍を紹介させて頂きましたが、驚く事無かれご結婚されたご主人もゴルフ愛好家で有り、当クラブの会員との事です。

 

 

☆ 最後に

 

原田様にはお二人のお子様が居られますが、ファミリーの中でやらない方を数えた方が早い様で、それは唯一御長男のみの様です。

 

10年ほど前はご家族関係者で、4組のゴルフコンペを開催していた事も有るとの事ですから、大変なゴルフ一家なのです。

 

ご家族が集まれば話す内容はゴルフが中心となり、ゴルフで家族の輪が出来上がって居られます。

 

原田様のお話の中で印象に残ったのは、「この年まで娘と会話がつながるとは思いませんでした」とのコメントでした。

ゴルフがご家族の絆となっているとの事ですが、そのもたらす効能の大きさに改めて感動致しました。

 

3月インテグレーションカップ優勝は村上隆一様

 

 

3月8日(日)は終日雨が止む事無く、競技参加者は寒さと雨に苦しめられました。予約段階では多数の参加者が予定されておりましたが、最終的には15名での開催となりました。

 

スコアを崩す方が続出する中、唯一のネットアンダーパーでプレーされた村上隆一様が、見事優勝致しました。

 

 

優勝_村上隆一様

 

 

競技はフロントナインで箱根コースを回り、バックナインで富士コースを回る18ホールズでしたが、村上様は47、47のグロス94ネット71で、あがって来られました。

 

参加者の皆さんから、この天候でアンダーパーは凄いと称賛されたのですが、好調な要因としてパットを村上様は上げました。

 

雨で遅めのグリーンが村上様には合っていた様で、「良く入ってくれた」と述懐されておられました。2位以下は下記の皆様です。

 

 

2位_峯尾俊春様

< 箱根コース51、富士コース47 トータル98 ネット72 >

 

 

3位_作田幸雄様

< 箱根コース46、富士コース47 トータル93 ネット73 >

 

 

4位 田代裕貴  42/43 グロス85 ネット76

5位 神野敬久  51/44 グロス95 ネット66

 

CALENDAR

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ARCHIVES