富士平原GC かわら版

第379回 3F会

令和2年1月15日 開催

 

令和2年 2回目の3F会が13名の方々にご参加頂き開催されました。

 

今回の優勝は・・・伴野 勝 様です!

プレーの様子(研修生:金子と)

ご子息へ会員資格を継承し、終身会員として活躍する青木様

 

 

2020年1月12日(日)に開催されたインテグレーションカップへ、青木敏彌様はご子息の慎介氏を同伴し親子で参加されました。

 

競技結果は、青木様11位(45/45)ながらも、慎介氏は会員として初参加の為に入賞資格無く、圏外となりました。

 

 

< 青木敏彌様、青木慎介様 >

 

 

ご子息の慎介氏は40歳を少し過ぎた昨年2019年より、ゴルフに取り組み始め、これまで十数ラウンドを消化し、この度の競技会へ臨みました。

 

ゴルフを始めた動機は、お父様より当クラブの会員資格継承に付いて、打診された事によります。始めるからにはしっかりやろうと言う考えの基、昨年春正式に当クラブの正会員となりました。

 

当面はお父様が参加される当クラブ競技会などへ、共に参加する事になりますが、行き帰りは慎介氏が運転手役になる事で、少しでも楽をさせてあげたいと考えております。

 

慎介氏は勤務先に於いてもゴルフを楽しんでいる同僚が居て、度々誘われておりましたが、今後は積極的に参加してみたいと考えております。ゴルフを通じ交流範囲が、更に広がった様に感じられるとの事です。

 

当クラブの終身会員制度を利用し青木敏彌様は終身会員となりましたが、競技会などへの参加資格はこれまで通りです。

青木様は親子で長く、ゴルフを楽しみたいと考えられております。

 

是非、将来は親子でダブル入賞して欲しいものです。

 

 

2020年新春インテグレーションカップ優勝は加藤芳明様

 

 

1月12日(日)に開催された今年第1回目となるインテグレーションカップですが、週中半から予想されておりました雨模様が一転曇りとなり、空模様を気にされていた会員の皆様に於けれましても、気を取り直して頂き結果男性29名のご参加を頂きました。

 

このカップを制したのは加藤芳明様でした。スタートした箱根コースを44でまわり、後半の富士コースを39、トータル83でラウンドし見事優勝したのです。

 

 

< 優勝_加藤芳明様 >

 

 

< 加藤様のティーショット(箱根コース2番ホールのティーングランド) >

 

ネット3アンダーと言う好調なゴルフを展開した加藤様ですが、その要因はパットだったと自己分析されておられました。グリーンを狙うショットは常にセンターを心掛け、ほとんどピン下からカップを狙えた事が、パッティングを楽にさせた様です。

 

加藤様は現在、スイング時の(突っ込みグセ)を矯正すべく、練習に励んで居られますが、この成果が少し出たおかげで様々なショットの方向性がまとまり、落ち着いたゴルフが出来た様です。

 

研究熱心な加藤様ですが、プレー回数が少なくなってしまっているのが悩みの種です。それ故に1回のラウンドにかける真剣さも又、別格のものがある様です。

 

次回のご活躍も又祈念致しております。なお2位以下5位までの方々は、下記の通りです。

 

 

 

< 2位_塩野茂様 >

< 箱根コース42、富士コース43 トータル85 ネット70 >

 

 

 

< 3位_小笠原康夫様 >

< 箱根コース45、富士コース44 トータル89 ネット70 >

 

 

 

< 4位_神野敬久様 >

< 箱根コース46、富士コース44 トータル90 ネット70 >

 

 

 

< 5位_作田幸雄様 >

< 箱根コース47、富士コース44 トータル91 ネット71 >

 

 

第378回 3F会

令和2年1月6日 開催

 

新年あけましておめでとうございます。

令和2年最初の3F会が23名の方々にご参加頂き開催されました。

 

新年最初の優勝は・・・実方 正夫 様です!

パーティの様子

2020年新年のご挨拶

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

旧年中は格別のご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。
会員の皆様におかれましては、穏やかな新年をお迎えの事と、心よりお慶び申し上げます。

 

昨年は自然災害により、多くのゴルフ場が被害を受けました。幸い当クラブでは数本の倒木で済みましたが、今年もまたあるだろう事を、想定しておかなければならないと考えております。

 

また昨年は、開場60周年記念事業の一環で行われた正会員の補充募集を経て、入会された方々の来場が多く成り、当クラブの活性化が目に見えて実感出来た年でもありました。

 

更に2018年夏より開始されたバースディカップは、天候の関係から未だ実施出来ていない誕生月の会員様も居られますが、より一層充実させて行きたいと考えておりますので、振るってのご参加をお願い申し上げます。

 

さて本年は研修会の充実と強化へ向け、会の皆様より様々なご提案を頂いております。昨年は倶楽部対抗予選に於いて17位の成績でしたが、本年は更なる上位進出を目指しております。会員の皆様には代表選手へのご声援を、心よりお願い申し上げます。

 

ところで社会のIT化は様々な形でゴルフ場へも及んでおり、その影響は弊クラブも例外では有りませんが、心のこもった接客は当クラブのモットーと考えております。人材確保に努めると共に、会員の皆様に喜んで頂けるクラブで有り続けられる様、鋭意努力する所存で御座いますので、本年も引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

2020年元旦

富士平原ゴルフクラブ

支配人 鈴木 幹男

 

丹沢コース9番ホール2ヶ所へ場外飛球防止に向け植林

 

 

2019年12月中旬に約1週間かけ、丹沢コースの9番ホール2ヶ所へ植林を致しました。これは今年の夏に決定された事項ですが、その大きな目的は事故防止です。

 

 

ティーングランドから確認出来る植林

 

 

此れ迄年数回ですが、プレーヤーの打球がホール右側の一般道へ飛来してしまい、一般車両へご迷惑をお掛けすると言う事が有りました。

 

この様な事態を放置する事は出来な為、考えられた策がホール右サイドへの植林です。これによりプレーヤーの狙い目も、必然的に左サイドへ変わって来ますので、場外飛球が今後減少すると思われます。

 

これがこの度の大きな狙いです。

 

 

セカンド地点から確認出来る植林

 

 

会員の皆様にはこの度の変化に戸惑いを、感じられておられる事と思いますが、安心安全を第一義的に考えての対策故、何卒ご理解賜ります様お願い申し上げます。

 

なおこの植林によりプレーヤーへ与えるプレッシャーを和らげる為、フェアウエーを5~10メートルほど左サイドへ拡張する計画です。

 

より挑戦意欲の増すホールになる事と思いますので、ご堪能頂ければ幸いで御座います。

 

 

9番ホール:右サイドの赤い丸が植林した2箇所です

 

グランドチャンピオンシップ木曜杯優勝は藩林生様

 

 

2019年12月22日(日)今年の年間優勝者を決めるグランドチャンピオンシップ木曜杯が、有資格者19名の参加にて開催されました。

 

当日は午後からの天候が心配されましたが、急に荒れる事も無く、全選手の皆様が無事ホールアウト出来ました。

 

木曜杯は富士コースをスタートし後半は箱根コースを回る18ホールズですが、見事この戦いを制したのは藩林生様です。42、39のトータル81でラウンドされ、ハンディキャップ14をお持ちですので、ネット67にて栄冠に輝いたのです。

 

 

木曜杯優勝_藩林生様

 

 

藩様は会員歴30数年と言う大ベテランです。当クラブをホームコースにされておられますが、当クラブ競技での優勝はキャリア初との事です。

 

藩様にラウンドを振り返って頂くならば、「ダブルボギーが一つも無く、安定したプレーが出来た」との事で、大きく乱れなかった点を上げて頂きました。

 

この様な安定したプレーが出来た要因は、兎に角楽しくリラックスしていた為と自己分析されておられます。インタビュー中終始にこやかな藩様ですが、是非来年のご活躍もスタッフ一同祈念致しております。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 舟谷慎也  37/41 グロス78 ネット68 ベストグロス

3位 山口精一  45/53 グロス98 ネット71

4位 蛭田弘樹  48/44 グロス92 ネット74

5位 中山浩太郎 44/42 グロス86 ネット75

 

グランドチャンピオンシップ レディース杯優勝は竹原泰子様

 

 

2019年12月22日(日)レディース杯の年間チャンピオンを決めるべく、有資格者6名にてグランドチャンピオンシップが開催されました。

 

遅いスタートの為、若干天候が心配されましたが、雨に見舞われる事無く全選手無事にホールアウト出来ました。箱根コースをスタートし、丹沢コースを回る18ホールズですが、見事この戦いを制したのは竹原泰子様です。

 

 

レディース杯優勝_竹原泰子様

 

 

竹原様はフロントナインを46、バックナインを45のトータル91で回られ、ハンディキャップ23をお持ちですので、ネット68にて優勝を克ち取りました。

 

竹原様の会員歴は長いのですが、本格的に競技に参加されて7年ほどに成ります。これはご友人から誘われたのが動機だった様ですが、このキャリアの中でグランドチャンピオンシップには縁があり、この度3度目の戴冠と言う事に成りました。

 

この度の勝利の要因をアプローチだとおっしゃる竹原様ですが、これは参加選手皆様の評価でも有ります。今後は技術を更に磨き、ハンディキャップは20を切る事が目標との事です。

 

益々のご活躍を、スタッフ一同期待しております。

 

尚、ベストグロスは高後富美江様で82でした。(お名前の高はハシゴダカ)

 

グランドチャンピオンシップBクラス優勝は飯島保夫様

 

 

2019年12月22日(日)寒さ厳しい気象条件の中、今年のBクラス競技会に於いて優勝或いは入賞された方々が、その総合優勝を競うグランドチャンピオンシップが開催されました。

 

参加された方々は、女性3名を含む30名です。

 

この度その頂点に輝いたのは飯島保夫様です。飯島様は丹沢コースを40、富士コースを45のトータル85ストロークでラウンドされ、ハンディキャップ20をお持ちですのでネット65と言うスコアに成りました。

 

飯島様のグロススコア85は、2位の渡邊様同様ベストグロスでした。

 

 

Bクラス優勝_飯島保夫様

 

 

フロントナインはスコアを意識し過ぎ固くなった面はあるものの無難に回れ、バックナインはダブルボギーが3ホールで出てしまい、崩れそうになったのですが、何とかボギーペースで踏みとどまる事が出来た、と振り返る飯島様です。

 

優勝と言う好結果につながった要因は、何と言っても一日リラックスしてラウンド出来た事の様です。充実したゴルフを堪能され、満足度の高い一日となった飯島様でした。おめでとう御座います。

 

来年も又ご活躍をスタッフ一同祈念しておりますので、お元気な姿を見せて頂きたいものです。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 渡邊 仲  42/43 グロス85 ネット68 ベストグロス

3位 清水勇生  47/49 グロス96 ネット68

4位 池田裕司  45/45 グロス90 ネット69

5位 生井 進  38/48 グロス86 ネット70

 

グランドチャンピオンシップAクラス優勝は横山登様

 

 

2019年12月22日今年最後の競技会となったグランドチャンピオンシップが開催されました。年間の総合優勝者を決める大会ですが、Aクラスへのエントリーは男性23名です。

 

午後から雨となる予報もあり、スタート時の気温は約6度で無風状態でした。冬の厳しい気象条件の中、Aクラスは富士コースを7時51分にスタートし、バックナインは箱根コースを回る18ホールズで争われました。

 

並みいる強豪選手の中、ただ一人ネットで1アンダーを記録し、優勝したのは横山登様です。横山様のスコアは前半40、後半39のグロス79ストロークでした。

 

 

Aクラス優勝_横山登様

 

 

冬のゴルフの厳しさを物語る様多くの選手が苦戦する中、優勝した横山様に本日のラウンドを振り返って頂きました。

 

「今日のラウンドでは、パットが気持ち良く決まりました。しかし富士の4番でトリプルボギーを打ったのが残念でした。気持ちを切り替え、7番と8番で連続バーディを取れたので、後半につながるプレーになったと思います。」

 

今年1年の総決算を優勝で飾る事が出来た横山様ですが、来年のご活躍も又、スタッフ一同祈念致しております。

 

なお2位以下5位までの方々は、下記の皆様です。(敬称略)

2位 相原和夫  41/36 グロス77 ネット72 ベストグロス

3位 渡辺達也  46/34 グロス80 ネット72

4位 田代裕貴  42/39 グロス81 ネット72

5位 片岡裕晶  45/37 グロス82 ネット72

 

 

 

CALENDAR

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES