富士平原GC かわら版

12月の富士山伝説

   
  
         かぐや姫と富士山
 皆様よく御存知の竹取物語(かぐや姫)ですが
 かぐや姫は最後の別れの時、帝への贈り物として
 文と不死の薬、天の羽衣を残していったそうです。
 
 しかし帝は「かぐや姫のいないこの世で不老不死を得ても
 意味が無い」と、駿河の国にある日本で一番高い山にて
 薬を焼くように命じ、その煙は今も雲の中に立ち上り、山頂に
 積もっていた雪は溶ける事が無くなったそうです。
 
 
 また、富士山の名前の由来が
 「不死の薬を焼いた山」から来たという説や
 薬を焼く時に、兵士を大勢連れて山へ登ったので
 「士に富む山」から名付けられた、とも伝えられています。

CALENDAR

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031