富士平原GC かわら版

セカンドフライト決勝は吉井聰明選手と片岡裕晶選手の戦い

 

 

8月18日(日)クラブ選手権セカンドフライトの部準決勝が行われました。箱根コースをスタートし丹沢コースをまわり、そして最後の9ホール・富士コースと言う流れの27ホールマッチでした。

 

対戦はツーマッチ。

1つは吉井聰明(トシアキ)選手対高杉宏史選手であり、もう1つは原田仁選手対片岡裕晶選手のマッチです。

 

この戦いを制し次回決勝で対戦する選手は下記の2名、吉井聰明選手(画面向って左)と片岡裕晶選手(画面向って右)と言う結果に成りました。

 

片岡選手は原田選手を3-2で下し、吉井選手は4-2にて高杉選手を退けての、決勝進出と成りました。吉井選手は今年73歳の御年ですが、この10年間クラブ選手権へ出続け、予選落ちした事が無いのが自慢です。

 

ベテラン選手と研究熱心な勢いのある選手との戦いに成りました。

 

< 吉井聰明選手 VS 片岡裕晶選手 >

 

 

なお早朝のスタート時は、快晴で高原特有の爽やかな空気が流れていたのですが、18ホールを消化した11時30分頃、突如大雨にゴルフ場が襲われたのです。

 

この大雨は使い古された言葉ですが、バケツの水をひっくり返した様な激しいもので、クラブ選手権のみならず同時に開催されていた月例競技、更には競技外のプレーも含め全てが、一時中断を余儀なくされました。

 

一時間ほど経過した12時30分頃、雨雲が遠のいた事からクラブ選手権競技は再開され、4選手は富士コースからスタートして行きました。

この一次中断が各選手にどの様な影響を与えたのかは、知る由もない訳ですが、少なくとも勝ち残った2選手は、このアクシデントを上手く味方につけられたのだと、言えるのでは無いでしょうか。

|

CALENDAR

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES