富士平原GC かわら版

杉本佳宏様はアイアンの名器(ベンホーガン)を操る

 

 

「ベンホーガン・パーソナル」と言えば、知る人ぞ知るアイアンの名器です。

 

有名プロゴルファーのジャンボ尾崎プロも、ブリヂストンから自らの「Jumbo MTNⅢ pro Model」を出す以前は、ベンホーガンを使っていました。

 

また同時代に尾崎プロと常に優勝争いをした中嶋常幸プロ、その中嶋プロ用に開発された「ミズノプロ TN-87」は、その参考に成ったモデルがこのクラブであった事は、広く知られています。

 

そして当クラブに於いてもゴルフギアにこだわりをもち、「ベンホーガン・パーソナル」を操る会員の杉本佳宏様がおられます。この度このクラブ使用に関するお話を、杉本様から伺う事が出来ましたので、紹介させて頂きます。

 

 

杉本佳宏 様

< 2021年11月28日箱根コース1番ホールにて >

 

 

ベンホーガン・パーソナル

 

3番~ピッチングウエッジまでの8本セット

 

 

このクラブは、杉本様にとり指導者にあたる方に勧められたのが、使用するきっかけです。

 

此れ迄もソリッド型のアイアンを使用して来た事から、形状そのものに対する抵抗感は有りませんでしたが、このクラブは兎に角距離は出ないし難しい、此れが固有の特徴になっています。

 

杉本様がこのクラブを使用し始めてから既に4年経ちますが、形状の美しさからほれ込んで使用しており、この難しいクラブでボールを真芯で捉えられた時は、何物にも替え難い満足感を味わせてくれるとの事。

 

またこの時、自らの技術力が向上していると言う実感が有り、此れがゴルフのモチベーションにも繋がっています。

 

もっと上達したい、良い球筋のボールを打ちたい、この向上心を無くさない為にも、このクラブを使い続けて行きたいと杉本様は考えています。

 

同氏のゴルフキャリは18年ほど、当クラブ会員に成られたのは2年前、研修会員でもある同氏のゴルフ美学は、飽くなき探求心で貫かれています。是非ともベンホーガン・パーソナルで、ひと花咲かせて頂きたいと思います。

 

|

CALENDAR

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES