富士平原GC かわら版

渡辺達也様がグランドチャンピオン戦でアルバトロス達成

 

 

2020年12月20日グランドチャンピオン戦も終盤に差し掛かる中、その衝撃的出来事は突然起きたのです。何と丹沢コース8番ホールで、アルバトロスを達成した選手が現れたのです。

 

それは下記右側写真の御仁、渡辺達也様です。

 

 

アルバトロスを達成した渡辺達也様へ支配人・鈴木より粗品贈呈

マスター室前にて撮影

 

 

8番ホールは268ヤードの短いパー4ホールです。

初心者教室の様で申し訳御座いませんが、普段言いなれない用語ですので、おさらいしておきたいと思います。

3打目でカップインすればバーディ、2打目で入ればイーグル、1打目でカップに吸い込まれたならば、、アルバトロスと言いますよね?

 

ティーショットを気持ちよく打った渡辺様は、手応え良くピン筋一直線に放物線を描く打球に満足度高く、気持ち良くティーングラウンドを降りたのです。

 

ところがグリーンに近づき見渡せど、自らのボールが無いのです。大きすぎてOBか?いやカラスが持ち去ったのか?

唯一ピン2メートルに乗っていたボールを発見したのですが、同伴者の原田様より「それは私のボールです」と高らかに宣言されると、不安な気持ちを抑えきれ無くなってしまったのです。

 

小走りにグリーン奥の枯れ葉の中を探すも見当たりません。打ち直しをすべくティーングランドへ戻ろうと、失意の中カップを覗きこめば、有るでは有りませんか!

 

「え!!入っていたの?. . . . これってアルバトロス?」

 

この一報が入って来たマスター室では大騒ぎになり、事務所から支配人の鈴木も駆けつけて来ました。

 

パー3ホールでのホールインワンは、どのゴルフ場でも聞く話です。1ゴルファーが、3万打に1回の確率で達成出来ると言われておりますので、納得出来てしまいますが、アルバトロスは違います。

 

「おめでとう御座います」この言葉以外見つかりません。心からおめでとう御座います、と申し上げ閉めたいと思います。

 

 

|

CALENDAR

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVES