富士平原GC かわら版

2019年女子マッチプレー選手権第1回戦の結果

 

 

2019年4月19日(金)微風、快晴のもと、丹沢コースから富士コースをまわる18ホールにて、2019年女子マッチプレー選手権の第1回戦が開催されました。

 

この試合は、4月12日に開催された予選会を勝ち抜いた8名の選手により、今月26日に行われる予定の準決勝進出者を決めるものです。

 

第1組目_遠藤あづさ選手 VS 白砂美和選手

 

第1組目は激戦でした。丹沢コースから富士コースをまわる18ホールでは決着がつかず、勝負は丹沢コース1番ホールからのサドンデスへ突入しました。

 

決着がついたのは19ホール目、サドンデスの最初のホールで白砂選手がバーディを取り、追いすがる遠藤選手を突き放したのです。

 

勝負がつきキャディマスター室へ引き上げて来た両選手からもれたため息は、白熱した戦いであった事を何よりも物語るものでした。

 

 

第2組目_原田隆子選手 VS 池田久美子選手

 

第2組の取り組みは、3-2にて池田選手に軍配が上がりました。御二方ともとても楽しくラウンド出来たとして戦いを振り返ると共に、互いの健闘を称える事も忘れませんでした。

 

ゴルファーのお手本の様な方々でした。

 

次回の準決勝に向け池田選手は、何方が対戦相手に成ろうともとても強い方々ですので、「気を引き締めて頑張ります」とコメントされております。

 

第3組目_髙後富美江選手 VS 新井田路代選手

 

この取り組みは、新井田選手が髙後選手を富士コース4番ホールで退けたのですが、いわゆる6‐5と言う内容でした。

 

髙後選手曰く「バタバタしてしまいました」との事ですが、反面新井田選手は「何をするでもなく、淡々とまわれました」とコメントされており、ゴルフの調子が両極端であった事を物語るものでした。

 

新井田選手は次回に向け、今日の様に「落ち着いて出来る様にしたい」としておりました。

 

第4組目_富岡みつ江選手 VS 川嶋早苗選手

 

第4組目もまた第1組目同様に激戦でした。これぞマッチプレーと言う白熱した戦いを展開していた両者ですが、ついに勝負の行方は丹沢コースでのサドンデスへと突入して行ったのです。

 

しかし時に勝負の神様は、気まぐれなものです。

思わぬアクシデントから川嶋選手が勝者となったのですが、それは丹沢コースの1番ホール、通算19ホール目で起きました。

 

何と富岡選手が誤球をしてしまったのです。勝負は思いもよらぬ決着を見たのですが、富岡選手は「なぜ間違えたのだろう」と悔いる事しきりでした。

 

本日の結果、白砂、池田、新井田、川嶋の4選手が、次回の準決勝へ駒を進める事になりました。

|

CALENDAR

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES